風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

NHK「1964 東京オリンピック」を見た感想


NHKの総合テレビが三夜連続で1964年に日本で開催された「東京オリンピック」のドキュメントを放送しています。

1回目と2回目を見たのですが、これがかなり良いです。

古関裕而が作曲した開会式の行進曲「オリンピック・マーチ」を聞くたびに、なぜか涙ぐんでしまいます。別段、リアルタイムの記憶があるわけでもないのに、血が騒ぐのを抑えることができません。日本人の遺伝子の中に、この「オリンピック・マーチ」が組み込まれてしまったのかと感じるほどです。

それにしても、この行進曲は、何と晴れやかなんだろう。澄みきった青空、そこに映るのは、夢と希望だけ……。

太平洋戦争により焼け野原となってしまった日本で、オリンピックが開催されたことで、日本の経済成長が加速されたことは疑う余地はありません。しかし、また2020年に東京で五輪を開催して、経済効果を見込むという安直な考え方を、支持する気は毛頭ないのです。

よりより国づくりの方向性さえ見えない混迷の時期に、五輪開催で世界中から人を呼び込んでも、意味はないでしょう。

これから日本で開催するべきは、スポーツの祭典ではなく、日本人の心の畑を広く、深く耕すことに役立つイベント。日本人だけが良ければいいという国益の追求ではなく、地球規模の平和的な心の交流だと思うのです。

今回のNHKのドキュメントも、その真のテーマは、もう一度、東京でオリンピックを開催しましょうということではなく、「昔は良かった」というふうな回顧録でもありません。当時の日本と今の日本とを比較することで、未来の日本について考えるヒントを見つけることなのです。

1964年に聞いた「オリンピック・マーチ」が象徴する世界を、未来につなげてゆくこと。その祈りに似た気持ちだけは抱き続けてゆきたいものです。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ