風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

トンボの羽は何色ですか?


「個性」とか「自分らしさ」とかいう言葉は、一見魅力的ですが、多くの誤解でごちゃごちゃになっている気がしてなりません。

個性とは、自己主張すること、自分の我を押し出すことだと思っている人が多いのですが、それは、間違いだと、最近になって、痛感しているのですね。

個性は無理して出せるものではなく、自然ににじみ出るものである。

個性的な表現が成功する時、必ず、作者は「無心」である。

だから、個性的であろうとして、焦ったり、力んだりすれば、表現は、独善的(独りよがり)になるばかりで、平凡になり、色あせてしまうものなのですね。

そのことを決定的に教えてくれた詩がありますので、ご紹介しましょう。

まど・みちおの「とんぼの はねは」という詩です。

とんぼのはねは

 

とんぼの はねは

みずの いろ

みずから

うまれたからかしら

 

とんぼの はねは

そらの いろ

そらまで

とびたいからかしら

いかがでしょうか?

非常にキレイな詩ですよね。

しかし、よく読み込むと、決してキレイなだけではないということに気づきます。

そもそも「はね」は透明であり、色は無色です。

もちろん、厳密に言えば、トンボの羽にも、色素はあり、何らかの色がついているでしょう。

ただ、私が申し上げたいのは、透明な羽は、見る角度によって、見る時間によって、色は異なるということ。

羽は角度を変え、時を移せば、空の色も映すし、水の色にも染まるし、時には、風の色にも反応し、虹色に姿変えるかもしれません。

このトンボの羽に似た存在が、私は「個性」だと思うのです。

「自分らしさ」だと思うのです。

個性は自分が決めるものではない。ある存在に反応した人の心の波紋が、その存在の個性だと思うのですが、いかがでしょうか?

無に近い、ほとんど透明な状態でないと、人は、その本来の姿を見つけられないのかもしれませんね。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ