風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

「取り付く暇もない」は間違いで「取り付く島もない」が正しい?


取り付く暇もない」と、20代のある時期まで、完全に間違えて普通に使っていました(汗)。正しくは「取り付く島もない」。

「実用日本語表現辞典」は「取り付く島もない」を、以下のように説明しています。

取り付く島もない

読み方:とりつくしまもない
別表記:とりつく島もない、取り付くしまもない、取りつく島もない

全く相手にせず、話を取り合おうとしないさま。「けんもほろろ」なども似た様子を表す言い回し。「取り付く島がない」とも言う。

会社の上司が忙し過ぎて、声をかける余裕もないことを「取り付く暇もない」と言っていた記憶があります。たいへん恥ずかしい日本語誤用です。

しかし、冷静に考えますと、相手が忙し過ぎて声もかけられない状況では「取り付く島もない」という表現も正しくありませんよね。相手がつっけんどんで話をするきっかけが見つからない時に「取り付く島もない」というのであって、忙しくて取りあってもらえない状況では使えないわけです。

では、忙し過ぎて、相手にもしてもらえない状態を表現したい時には、何と言ったら良いのでしょうか?

「その時、上司は声をかけようにもかけられないほど忙しそうだった」とか「その時の上司は、てんやわんやで、とても声がかけられる状態ではなかった」ぐらいになるでしょうか。

そういう状況の時に、間違っても「取り付く暇もない」と言ってはいけないと、今ではわかっているのですが、20代のある時期まで、意識することもなく、普通に使っていました。あの時が、何だか懐かしく感じられるから不思議です。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ