風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

美しい日本語で書かれた良書をまとめてみました。


読書の楽しみを知りたい、これから本格的に読書をしたい、読書を習慣にしたいと願っている人にオススメしたい良書をご紹介。

エッセイ、小説、詩、それぞれ3冊ずつ挙げてみました。

いずれの作品も、美しい日本語で書かれています。

吉野登美子「琴はしずかに―八木重吉の妻として」

こんなに良い本が絶版になっているとは、本当に哀しい。良書中の良書です。

詩人・八木重吉の妻であった吉野登美子さんの文章は、澄み切った琴の音色のように心に響きます。

幸いにも古本で読めますので、ぜひ、お求めください⇒琴はしずかに―八木重吉の妻として (1976年)

三木清「人生論ノート」

名著中の名著です。哲学書ですが、読みやすく、文体に独特のリズムがあり、清澄な三木清ワールドに知らぬ間に引き込まれてしまいます。

文庫本で価格が安いのも魅力。

読書の素晴らしさを知る上では、最良の入門書と言えるでしょう。⇒人生論ノート (新潮文庫)

東山魁夷「風景との対話」

エッセイ集ですが、まるで散文詩を読んでいるかのような美しい文体が特徴。この本を読むと心が洗われます。魂が浄化されます。

そして、日本語とはかくも端正で美しい言語であったのかと、驚嘆されることでしょう。

東山魁夷の絵に親しんだことのない人でも、文章だけで充分に堪能できます。⇒風景との対話 (新潮選書)

藤原新也「コスモスの影にはいつも誰かが隠れている」

写真家としての藤原新也は昔から知っていたのですが、彼の小説を読んでみて、その質の高さに舌を巻きました。

オススメのポイントは、作品が新しいこと、そして、実に言葉がていねいに使われていること。

小説とかをふたんは読まないという人に、ぜひ読んでいただきたい佳作集です。⇒コスモスの影にはいつも誰かが隠れている (河出文庫)

三浦哲郎「木馬の騎手」

短編小説集。三浦哲郎といえば「忍ぶ川」があまりにも有名ですが、また違った趣きが味わえます。

「神は細部に宿る」という言葉がありますが、三浦哲郎の細部の描き方にご注目ください。

12編の短編が集められているので、まだ読書に慣れていない人でも、集中力が切れることはなく、読み進められます。⇒木馬の騎手(新潮文庫)

朱川湊人「花まんま」

短編小説集。第133回直木賞受賞作。幻灯機の世界に似た、不思議な郷愁に浸ってください。

一編いっぺんの完成度が高く、短いのにたっぷりと小説の醍醐味が味わえます。

温かくて、寂しくて、ちょっと怖い、物語世界を覗いてみませんか。⇒花まんま (文春文庫)

三好達治「測量船」

新潮文庫の「三好達治詩集」は持っていたのですが、今回読み返してみて、圧倒的に詩集「測量船」が優れていると強く感じました。そこで、しっかりとこの詩集「測量船」を読んでみたくなり、講談社文芸文庫を買いなおした次第です。

なぜ、三好達治の詩を読んでいただきたいのか?

それは情報過多社会に生きる私たちの荒れやすい感性を、三好達治ほど癒し、修復してくれる言葉の使い手は少ないと痛感しているからです。

「あわれ花びらながれ おみなごに花びらながれ おみなごしめやかに語らひあゆみ」という歌いだしで有名な「甃(いし)のうえ」など、三好達治の麗しい抒情詩は、慈雨のように感じられることでしょう。⇒測量船 (講談社文芸文庫)

高村光太郎「知恵子抄」

高村光太郎の妻・知恵子を題材とした詩とエッセイが集められています。

高村光太郎の詩には彼独自の詩語が多く、慣れていないと難解だと勘違いしてしまいかねません。実は難解どころか、極めて単純なことを主張しているのですが、そうした読み違いの心配が全くないのが、この「知恵子抄」。

妻との愛がテーマだからです。妻との純愛を結晶化した稀有な詩空間は、永遠の輝きを持っています⇒智恵子抄 (280円文庫)

坂村真民「詩集 自分の道をまっすぐゆこう」

混迷の時代を生きぬくために、坂村真民の詩から勇気をもらってください。

坂村真民は2006年まで生きておられた現代詩人です。それなのに、現代という時代に汚染されず、読む者の心に深い安らぎを与えるという奇跡を起こした人でした。

全詩集8巻の作品のなかから、90篇の詩が厳選されています。「念ずれば花ひらく」「二度とない人生だから」など代表作も収録されているので、坂村真民の入門書としてオススメします。⇒詩集 自分の道をまっすぐゆこう

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ