風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

「きけ わだつみのこえ」で、珠玉の言葉に出逢う。


以前、日本語で書かれた美しい詩ベスト1という記事の中で、「きけ わだつみのこえ」に収められている詩をご紹介しました。

今日は、短歌を二首、味わっていただきます。

今回ご紹介するのは、木村久夫さんの短歌です。木村さんは、1946年5月23日、シンガポールのチャンギー刑務所にて戦犯刑死。享年、28歳でした。

処刑される前夜に詠んだ短歌が二首、「きけ わだつみのこえ」に掲載されております。

さっそく、引用してみましょう。

おののきも悲しみもなし絞首台 母の笑顔をいだきてゆかむ

風も凪ぎ雨もやみたりさわやかに朝日をあびて明日はいでまし

不思議な明るさを感じさせる歌ですね。死を覚悟した者の潔さが、ここまで光り輝く言葉を生み出すとは……。

詩歌とは技巧ではなく、魂の純粋さこそ真の力となることを、この二首は教えてくれます。

明日、死を迎える、その気持ちになりきることはできませんが、一瞬いっしゅん、命の火を燃やして生きてゆきたいと、この歌を読んで切に感じました。

「きけ わだつみのこえ」は戦没学生の手記を集めたものですが、まるで言葉の宝石箱です。死を前に、言葉の装飾は無意味です。最後の命の結晶としての言葉が、穢れない光を放っています。

きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記 (岩波文庫)


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

応援ありがとう♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。