風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

文章力アップは「書き言葉」に親しむことから


文章を書くことに対して、コンプレックスや苦手意識を持っている人が多いようです。

でも、怖れることはありません。文章は誰でも、練習さえすれば、必ずうまくなります。

作家になるとか、詩人になるとかは別問題ですが、一定水準までは、必ず上達することは断言できます。

その理由を簡単に説明しましょう。

言葉には2種類あります。

話し言葉
書き言葉

私たち日本人は毎日、ふつうに日本語をしゃべっています。
どうしてかというと、毎日、膨大な量の「話し言葉」を聞いているからです。
また、膨大な量の「話し言葉」を使っている、つまり喋っているからです。

では、「書き言葉」ですよね。

文章を書くことが苦手な人は、要するに、文章を読む機会(時間)と書く機会(時間)が、少ないからです。

話し言葉と同じくらいとまで言いませんが、今よりも、もっと書き言葉に時間をさけば、書くことは、会話するのと同じくらい簡単になります。

中には、喋るよりも書く方が上手いという人もいるくらいです。

話し上手は、聞き上手です。そして、話し好きの人が多い。

文章力とは「書き言葉」をいかに使いこなせるか、その力のことなのですが、初心者の人は、まずは「読むこと」と「書くこと」が、ふつうになるくらい、「書き言葉」に親しむことから始めてください。

書くことを学ぶ、勉強する、という感覚だと、続きにくい。

「読むこと」「書くこと」を、楽しむ、遊ぶ、親しむ……その方が続きやすい。

そして、いつか「聞くこと」「話すこと」と同じくらい、「読むこと」「書くこと」も、ふつうになりたいもの。

ですから、書くことが習慣になる、そのための環境づくりが大切なのです。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ