1950~60年代に日本映画(邦画)は黄金期を築きました。このページでは、1960年代に公開された、邦画の名作を集めてみました。

 

1950年代の邦画ベストセレクションはこちらに

 

映画監督別に分類します。

 

堀川弘通

 

黒い画集 あるサラリーマンの証言(1960年)

 

鈴木英夫

 

黒い画集 第二話 寒流(1961年)

 

杉江敏男

 

黒い画集 ある遭難(1961年)

 

吉村公三郎

 

その夜は忘れない(1962年)

 

越前竹人形(1963年)

 

蔵原惟繕

 

愛と死の記録(1966年)

 

豊田四郎

 

千曲川絶唱(1967年)

 

成瀬巳喜男

 

女が階段を上る時(1960年)

 

黒澤明

 

悪い奴ほどよく眠る(1960年)

 

用心棒(1961年)

 

椿三十郎(1962年)

 

天国と地獄(1963年)

 

赤ひげ(1965年)

 

岡本喜八

 

江分利満氏の優雅な生活(1963年)

 

(1965年)

 

血と砂(1965年)

 

大菩薩峠(1966年)

 

日本のいちばん長い日(1967年)

 

斬る(1968年)

 

肉弾(1968年)

 

小林正樹

 

人間の條件・完結篇(1961年)

 

切腹(1962年)

 

上意討ち 拝領妻始末(1967年)

 

五社英雄

 

三匹の侍(1965)

 

山本薩夫

 

氷点(1966年)

 

白い巨塔(1966年)

 

田中徳三

 

大殺陣 雄呂血(1966年)

 

森一生

 

ある殺し屋(1967年)

 

市川崑

 

黒い十人の女(1961年)

 

破壊(1962年)

 

東京オリンピック(1965年)

 

新藤兼人

 

裸の島(1960年)

 

増村保造

 

妻は告白する(1961年)

 

黒の試走車(1962年)

 

黒の超特急(1964年)

 

兵隊やくざ(1965年)

 

清作の妻(1965年)

 

刺青(1966年)

 

陸軍中野学校(1966年)

 

赤い天使(1966年)

 

華岡青洲の妻(1967年)

 

盲獣(1969年)

 

野村芳太郎

 

ゼロの焦点(1961年)

 

内田吐夢

 

飢餓海峡(1965年)

 

浦山桐郎

 

キューポラのある街(1962年)

 

非行少女(1963年)

 

山田洋次

 

霧の旗(1965)

 

男はつらいよ(1969年)

 

1950年代の邦画名作セレクション(監督別)

 

1950年代の日本映画ベストはこちらに