あの夢この歌」という映画があるのですが、その主題歌の詩が素晴らしい。

 

作詞したのは西條八十。文学の香気高く、豊かな抒情に酔いしれることができます。

 

あの夢この歌

 

作詞 西條八十 : 作曲 古賀政男

 

1 おさない日かなしい日 聞いた歌

優し メロディー

君うたう今うたう 花の唇燃えて

ときは春あかしやの みどり白雲

楽しげに渡鳥 翼はかがやく

 

2 涙ぐみ別れたる うるわしの

君の姿 浮かび来て

流れ来てわれを 泣かすよ呼ぶよ

若き日の恋の花 すみれひなげし

におう夜の歌声に 月さえかがやく

 

3 あの夢もこの夢も ながれ去り

残る メロディー

あの人がこの人が 哀れ歌いしメロディー

歌は蝶むらさきの 紅(べに)の蝶々

華やかに朗(ほが)らかに こころを結ぶよ

 

この音律の心地よさ。すべての言葉がまろやかにで、心を優しく包み込んでくれるようです。

 

日本人の心のふるさとがある、と感じるのは私だけでしょうか。

 

「あの夢この歌」は、幸いにもYouTubeにて、北原謙二の歌唱で聴くことができます。

 

あの夢この歌/北原謙二

 

映画「あの夢この歌」が公開されたのは1948年。戦争が終わって3年後に作られたのですね。

 

悲惨な時代であったはずなのに、その時期に生まれた歌は、何と温かく優しいのだろう。

 

私たち日本人は長いこと戦争を知りませんが、何か大切なものを失っているように思われてなりません。