日本の名作映画

  1. 渡辺謙が主演した「はやぶさ 遥かなる帰還」の感想

    映画「はやぶさ 遥かなる帰還」をDVDで鑑賞しました。映画の「はやぶさシリーズ」は、現在、3本がDVDレンタルできます。「はやぶさ/HAYABUSA」「…

  2. 新藤兼人「母」は不思議な感じのする映画です。

    新藤兼人が監督した映画作品は49本ありますが、先日鑑賞した「母」は、必ず観ておくべき作品だと感じました。「観ておくべき」という意味は「面白い」とか「絶対…

  3. 新藤兼人監督の映画は今後も見続けます。

    2012年5月29日に、映画監督の新藤兼人氏が亡くなられました。当ブログ「美しい言葉.com」は「新藤兼人」というカテゴリを設けており、これから少しずつ、新藤監…

  4. 「山の音」は日本映画の隠れ名作

    近所にあるTSUTAYAで、成瀬巳喜男監督の「山の音」を借りてきました。ただ今、観終わったのですが「これは日本映画の隠れ名作だ」という言葉がふと浮かんで…

  5. 新藤兼人の映画「狼」の感想

    新藤兼人監督の映画を取り上げるのは2回目です。前回は「原爆の子」についてお伝えしました。今回はDVD-BOX「新藤兼人アンソロジー(1) 」に収められた…

  6. 山田洋次監督の映画「ダウンタウンヒーローズ」感想

    「ダウンタウンヒーローズ」をDVDで、初めて鑑賞しました。自宅の近所に巨大なTSUTATAがあります。以前は、私がビックリしたほど「日本の名作映画コーナ…

  7. 「切腹」は日本時代劇映画の最高傑作?

    日本はかつて映画王国でした。世界に誇れる名作が多数生み出された時代がありました。しかし、最近になって「本当にそうだろうか?」と思い始めたのです。名声をほ…

PAGE TOP