風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

CATEGORY風花未来の詩

夏芙蓉(風花未来の詩3)

本当に久しぶりに詩想がわいたので、書きとどめておきます。 夏芙蓉 遠い、遠い夏の日 かなたに見える樹々が 風に揺れているのを眺めながら 夕暮れの静けさの中を 独り歩いていた あの夕暮れは、明るかった 陽は大きく傾きか…

音もなく打ち寄せてくるもの(風花未来の詩2)

少し前に、私の詩らしきものを初掲載しました。⇒求めていよう 今後、詩想がわくかどうか、まったく見当がつかなかったのですが、今日また、ふと湧いてくるものがあったので、書き記してみることにします。 音もなく打ち寄せくるも…

求めていよう(風花未来の詩1)

詩を作ることが日常だったことが、かつてありました。それは遠い過去となりましたが、詩想が湧くことはあり、それをスルーすることなく、素直に書きとめてゆけたらと思っています。 そのような無理をしないスタンスで書いた、一作目が今回の詩です。 …

雨の匂い

一年のうちで必ず何度か想い浮かぶ情景がある。 あれは、おそらくは、小学3年生くらいのことだったと思う。 雨の日、友だちの家の縁側に、なぜかひとり座って留守番をしているのだ。 ポツンと取り残された幼い私は、一心に雨を見つめて…

アーカイブ