カテゴリー:詩人革命
ホームPage 1 / 3123

「詩人革命(Poet Revolution)」とは、誰もが本来持っている「詩心」を目覚めさせ、存分に活かして、「希望あふれる未来」を創造してゆくことにあります。

 

短く表現すると、詩心による希望ある未来の創造、それが詩人革命です。

 

人間は「愛」が不足すると、息苦しくなる生き物です。

 

今申し上げた「希望あふれる未来」をつくるためには、大小2つの視点が必要です。

 

政治を変え、社会全体をより良い方向に変えてゆこうとする大きな視点。

 

まずは、自分の足元から、眼の前から、日常を変えてゆこうとする小さな視点。

 

この大小2つの視点に共通して必要なのは「愛」です。

 

今、国に、社会に不足しているのは「愛」だと思います。

 

人は空気が少なくなれば息苦しくなりますよね。実は、「愛」が不足しても息苦しくなるのが、人間なのです。

 

人は愛情が不足すると、心が荒れ、悪いことをしでかしたりしてしまう。

 

では、社会や生活のどの部分で「愛」が足りないのでしょうか。

 

愛あふれる街の風景を見て、毎日暮らしたいと思いませんか。

 

今回私が語りたいのは、「街の風景」です。

 

私がここでいう「街」は「道(道路)」も含んでいます。

 

まず、道を歩いていて、気持ちのいい道がない。まちの風景を見ていて、美しい、心が和む風景がない。

 

どうしてか?

 

街を作る人間に愛情が不足しているからです。

 

道は基本として、歩車道分離であるべき。でないと、人が安心して歩けません。

 

道や街の風景は、毎日、歩くし、眼に入るもの。どうして、そういうことろに、愛情を注がないのか、お金をかけないのか。

 

オリンピックとなどの大型イベントを開催するより、巨大なリゾート施設をつくるより、人々の生活に不可欠な、道を含む、美しい街づくりを急ぐべきです。

 

建物と道との関係から成り立つ心地よい造形性、つまり、美的視点もまったく感じられない街ばかり。

 

街には、街路樹や公園など、樹木や草木がどうしても必要です。緑を減らして、効率ばかり追い求めている街が多すぎるので、そこにいる人間の心が渇くのです。

 

最も恐いのは、愛のない街の風景が当たり前になっているということ。街の風景など、こんなもんさ、と諦めている。

 

実は、美しい街の風景の創造が、最も難しいかもしれません。政治がよどの良くならないと、街そのものが美しくなることはないでしょうから。

カテゴリー
タグ

今回語るのは私の自説です。私は最近、「言葉に三神が宿る」と強く実感しています。

言葉に宿る三神とは以下のとおり。

守り神(守護神)

福の神(幸運の女神)

希望の神(創造の神)

では、以下、それぞれをご説明しましょう。

守り神(守護神)

言葉が自分を守ってくれると私は信じています。なぜなら、何度となく私は言葉の力によって守られてきたと実感しているから。

言葉がさまざまな形で自分を救ってくれました。

例えば、絶望の極みにある時、言葉で自分の思いを表現したら、永遠に消えないと思われた哀しみは、確かな形となって、逆に私を「あるがままに生きよ」と励ましてくれたのです。

また、自分の進むべき道はどちなのかと悩んでいる時、言葉と深くかかわってきたことで、物事、事象の本質・確信をつかむ力が養われていて、魅惑的ともとれる邪説に従わずに済みました。

福の神(幸運の女神)

言葉の力で運命は変えられると私は信じています。

日本には「言霊」という言葉が古くからあり、要するに、自分が言ったことは現実に起きる、ということです。

つまり、悪いことを言っていれば、悪いことが起こる。良いことを言っていれば、良いことが起こるのです。

それについては、他の記事で詳しく語っておりますので、ご覧ください。

幸運を引き寄せるポジティブ言葉ベスト50

運気を下げるネガティブ言葉ワースト30

希望の神(創造の神)

言葉は希望の神であり、また創造の神でもあります。

幸せを育む未来をつくるためには、思索(考えること)が不可欠。人は考える時には、言葉でするのです。

言葉で考え、言葉で案出するしか、生産的な未来は創造できません。

以上の意味から、希望あふれる未来を創造するには、言葉は欠かせないと同時に、希望あふれる未来を創造する神であると言えます。

良い本に限って、絶版になり、なかなか読めないことがあります。

また、極めて優れた作品であってもマスコミが取り上げることがないので、忘れ去られている作品も多いのです。

日本の名作文学は、日本人の文化遺産であり、22世紀まで伝えてゆかねばなりません。

そこで、今回は、心の糧になる日本文学の名作をシリーズでお伝えします。

比較的短くて読みやすく、表現も難解でないもの。感動できれば、一生忘れないであろう、純度と深みを有した作品だけを集めてみました。

「この作品を忘れられたら困る」という気持ちを込めて、あまり読まれていない「隠れ名作」的なものも入れてみました。

では、さっそく、ご紹介しましょう。

読み継ぎたい、語り継ぎたい、日本の名作文学(日本人の必読書)、その第1位は、島木健作の「赤蛙」。

一匹の蛙を描写した短編小説ですが、人にとっても生きるとは、こういうことかもしれません。命というもの、運命というものを、澄明な文体に浸りながら味わえます。読み終えた時、あなたはきっと静かにつぶやくでしょう、「この蛙は、自分だ」と。

島木健作の「赤蛙」は、一言で形容するならば「清冽」です。生きている感じ(生命感)を、ここまで純粋に結晶化させた短編小説は、世界にも例を見ないのではないでしょうか。

日本人として生まれたならば、絶対に読んでおくべき作品だと、強調させていただきます。

再出版されたのですが、最近、残念ながら絶版になってしまいました。電子書籍(青空文庫)ならば無料で読めます。

カテゴリー
タグ

◆風花未来サポーターズクラブの目的

こんにちは、風花未来です。風花未来と参加いただいた方が互いにサポートし合う、助け合うという意味から、「風花未来サポーターズクラブ風花クラブ)」というネーミングを採用いたしました。

さらに短く呼びたい方は、KSCでお願いします。

でも風花クラブは、単なる風花未来の後援会(応援してくださる方の集まり)ではありません。

ご参加いただいた方お一人お一人が成長していただけるように、風花自身が持つノウハウ提供することから、学び塾という性質も色濃いのです。

その意味から、風花クラブは風花未来を支持・応援してくださる人が集う、学び塾と言えます。

風花クラブが目指すのは「自分力の向上」です。

「自分力」を「トータル・ヒューマンパワー」「人間力」という言葉に置き換えていただいても差し支えありません。

言葉・文化(文学と映画など)を学ぶことから、感性・思考力・発想力・企画力・表現力などを養い、「マイ政治力」(政治を語る・政治に参加する・政策提案する力)を高めていただくことを目的とします。

また、この「マイ政治力」は、実際の政治だけでなく、自分の潜在能力を引き出す力、自分の行動をコントロールする力、社会や他者のためになる表現力アップなどを指すのです。

政治を変えるための行動をする、社会や自分の状況を改善するために行動すると同時に、一人ひとりが「マイ政治力(自分力・人間力)」をアップすることも大切です。

一人ひとりが自分の価値軸を持ち、自分の言葉で語れるようになった時、世の中は良い方向に変わる、自分自身も運命も好転する、と私は信じています。

◆主な活動・サービス内容

1)風花トークや深掘り動画などを、会員様だけに限定公開

風花未来が自由に語る「風花トーク」、一つのテーマを深く掘り下げる「深掘り動画」、詩・映画・哲学・文学といった文化的な話題などを、一般公開動画では見れない聴けない動画を、会員様だけに限定公開いたします。

ステージ1の配信は、12月16日~3月15日までの3ヶ月間

途中で参加されても、バックナンバーはすべて閲覧いただけます。

動画の配信ペースは週3回くらいです。時期によって異なります。

風花クラブの配信(本活動を含む)は、12月16日~3月15日までをファーストステージとさせていただきます。セカンドステージのご案内は改めていたします。

途中で申し込みされても、期間中に配信された動画はすべて閲覧いただけるよう、サポートいたします。

特典もすべてお送りいたしますので、ご安心ください。

2)風花未来が作る教材(PDF)のご提供(月に1つをご提供)

風花未来の新作の教材、旧作の教材を、プレゼント。

3)リーディング・ラボ(Web読書会)

リーディングラボ(ライブ配信による読書会)に無料で参加できます。課題図書を決めて、あらかじめ読んできた人が集まって、会話するという内容です。随時開催

4)ワークショップに無料ご招待

ワークショップを都内で開催。無料でご招待します。

5)各種イベントに無料ご招待

セミナー・お話し会・勉強会などに無料ご招待
(企画していただければ講師料は無料でOK)

その他、いろんな企画を増やしてゆきますので、ご期待ください。

お申込み方法

2020年3月15日までの受講費は、3000円(税込)

途中で入会されても、すべての動画(会員様限定)を閲覧いただけます。

⇒風花未来サポーターズクラブのお申込み方法

 

まだ入会はしないが、今後の風花クラブに関する情報を知りたい方は、以下の無料メルマガにご登録ください。

⇒風花未来のメルマガ

◆風花未来のプロフィール

風花未来のプロフィールは以下のページからご覧ください。

⇒風花未来の自己紹介

カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 3123