今回は本物の文章力が養われる読書法について、お伝えします。

 

私なりに、読書法を3つの分類してみました。

 

1)乱読(らんどく)

 

多読とも呼びます。好奇心を旺盛にして、自分の専門だけでなく、手当たり次第に読み漁るのです。

 

当然、たくさん読むことになるので、時に速読すると良いでしょう。

 

2)探読(たんどく)

 

「探読」の「探」は「探求」の「探」。

 

自分の専門分野の本を読むことで、1つのテーマを探求するのです。

 

3)深読(しんどく)

 

内容が深く、文章レベルの高い本を読こと。哲学・文学の名著などが良いでしょう。

 

自分の精神性を深め、人間力をアップに役立つのが、この読み方に他なりません。

 

常に遅読、つまり、じっくりと時間をかけて読み込んでください。

 

実は、文章力が本当に身につくのは、この深読なのです。

 

⇒3つの読書法については動画でも解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

 

文は人なり。

 

「文は人なり」という言葉があります。

 

文章の達人は、人生の達人。人として魅力のある人が、魅力あふれる文章が書けるのです。

 

何事も、結局は「人」で決まります。

 

成功には人間力の向上が必要。

 

成功のために、自分を磨き上げる必要があるのです。

 

人間力アップには読書は不可欠であり、読書は人生修行の場だと言えるでしょう。

(Visited 32 times, 1 visits today)