故郷(ふるさと)は、高野辰之(たかのたつゆき)作詞・岡野貞一作曲による文部省唱歌。

 

この小学唱歌に理屈は要らない。この歌を知らない人は、たぶん日本人ではほとんどいないのではないだろう。

 

故郷(ふるさと)

 

兎(うさぎ)追いし かの山
小鮒(こぶな)釣りし かの川
夢は今も めぐりて、
忘れがたき 故郷(ふるさと)

 

如何(いか)に在(い)ます 父母
恙(つつが)なしや 友がき
雨に風に つけても
思い出(い)ずる 故郷

 

志(こころざし)を はたして
いつの日にか 帰らん
山は青き 故郷
水は清き 故郷

 

1914年(大正3年)の尋常小学唱歌の第六学年用で発表された。

 

この歌がつくられた時代とは、日本の国土環境は、かけはなれたものになってしまった。

 

しかし、この「故郷」は、日本人の遺伝子に組み込まれていると思えてならない。

 

長らく作詞作曲者不明だったが、昭和40年代に高野、岡野と定められ、1992年(平成4年)からは音楽の教科書に両者の名前が明記されている。

 

高野の出身地である長野県中野市と、岡野の出身地鳥取県鳥取市に歌碑がある。