まどか大学は「伏流水のようだ」って言ったら?

 

今回はまだ、どなたにも知られていない、「風花まどか大学」の存在価値について、お伝えします。

 

風花まどか大学の詳細はこちら

 

この記事をお読みいただくと、「風花まどか大学」は「どうして、今、この時代に降り立ったのか?」「他にはない、唯一無二の特長とは?」の答えを得ていただけると、風花未来は確信しています。

 

いきなりですが、「伏流(ふくりゅう)」という言葉をご存知でしょうか?

 

「伏流」について、デジタル大辞泉は以下のように説明しています。

 

【伏流】

 

1 地上の流水が、ある区間だけ地下を流れること。また、その流水。扇状地や火山灰地などに多い。

物事の基底に、ある内容や動きが存在すること。また、そのもの。

 

また「水質用語集」は「伏流水」と「表流水」について、以下のように説明しています。

 

伏流水・表流水

河川の底部または側部などの砂礫層を潜伏して流れている水のことをいいます。つまり、河のように表面を流れているのが表流水で、河床や河川敷の下を流れているのが伏流水です。伏流水は地中で自然のろ過が行われるため、表流水に比べて水質が良好です。

 

要するに、眼に見える水の流れのことを「表流水」と呼び、眼に見えない地下の水の流れを「伏流水」と呼ぶのですね。

 

「風花まどか大学」は「伏流水」のような存在です。

 

ほとんどの人が眼に見えるものに関心を持って暮らしています。

 

それは悪いことではないでしょう。そういった表面の現象を追わないことには、仕事も日常生活もままなりませんから。

 

しかし、世の中や人生が眼に見えるものだけで形成されているかというと、そうではありません。

 

むしろ、眼に見えないものに動かされて、私たちは生きているかもしないのです。

 

ほとんどの人は、社会は眼に見えるものだけで動いている、それらだけが必要であり、眼に見えないものには興味も抱きません。

 

動画投稿サイトやSNSをたくさんの人が利用するようになって、一部のマスコミ報道や図書館などにのみ頼っている時代と違って、様々な情報を得やすくはなりました。

 

しかし、それらのインターネット情報は、表面的であり、偏向しており、物事の本質から外れており、多くの場合、大衆を引き付けるための仕掛け(過度の刺激や挑発、低俗なエンタメ性、嘘情報をふくむヤラセなど)がほどおされており、情報として極めて劣悪だと言わざるを得ません。

 

物事の本質をついた、普遍的な真実が脈打つ良質な情報だけを

 

「風花まどか大学」では、インタネットの世界に満ちている、病んだ、毒性の強い、演出だらけの劣悪情報を厳しくい排除。健全で、問題の本質をついた、普遍的な真実が脈打つ良質な情報だけをお届けします。

 

「まどか学」では、しばしば「外なる世界」と「内なる世界」という言葉を使います。

 

「外なる世界」は眼に見える表面的な現象であり、「内なる世界」は個人の心を指すだけでなく、歴史を動かした眼に見えなパワー、時代の無意識などを指すのです。

 

要するに、「まどか学」は「内なる世界」「眼に見えないもの」「現代社会や歴史を動かしている無意識や精神エネルギー」「隠された真実」などを重視した、全く新しい「学問」なのです。

 

なぜ、「まどか学」はそうした肉眼ではとらえられないものを尊重するのか?

 

実は、人や社会を動かしているのは、実は眼に見えない力であり、眼に見えないものを軽視したら、問題の本質はつかめないし、人間の幸福をかなえられません。

 

だから「風花まどか大学」は、多くの人がその存在すら知らない、眼に見ない水の流れである「伏流水」のような地味な存在であるけれども、しかし、希望の未来を創造するには、どうしても眼に見えないものを重視する「まどか学」は必要になる申し上げているのであります。

 

まどか大学は前例のない、全く新しい試みですので、戸惑われるかと存じます。まだ納得いただけない方は、以下の記事をお読みください。

 

まどか大学を開校した理由~一つの気づきから

 

まどか大学の次の募集は?

 

まどか大学に関するご質問で、いちばん多いのは、次の募集についてです。

 

次の募集は以下のメルマガで告知いたします。

 

以下のページから、ぜひ、ご登録ください↓

風花まどか大学(無料)メルマガ