このブログでは「日本の名作詩ベスト100」を選定しました。

 

おかげさまで、驚くほど多くのアクセスをいただき、私自身、驚いているのです。

 

「日本の名作詩ベスト100」では、ぜひとも、知っていただきたい、感動してほしい、次世代にまで語り継いでゆきたい、魅力ある詩を選ばせていただきました。

 

嬉しいことに、もっと他の詩も紹介してほしい、とのリクエストを多数いただいております。

 

そこで今回は、以下、100選にはもれてしまったけれど、「こんなに素晴らしい詩があるよ」って、すすめたい詩をセレクション。

 

初めて読むのに懐かしい、心のふるさとが感じられる詩を中心に、現代社会が浮き彫りにされている作品、完成度に難があっても貴重な問題提起をしている作品なども、ご紹介いたします。

 

101)山元加津子「灯りが見える」

 

102)中原中也「夏の夜の博覧会は、かなしからずや」

 

103)中原中也「六月の雨」

 

104)谷川雁「東京へゆくな」

 

105)「雨にも負けて」

 

106)  尾崎放哉の俳句

 

107)種田山頭火の俳句

 

108)竹内浩三「骨のうたう」

 

109)鳥居の短歌

 

110)伊良子清白「漂白」

 

111)高村光太郎「同棲同類」

 

112)高村光太郎の「荒涼たる帰宅」

 

113)高村光太郎の「千鳥と遊ぶ智恵子」

 

114)高村光太郎「冬が来る」

 

115)北原白秋「接吻」

 

116)三好達治「汝の薪をはこべ」

 

117)三好達治「砂の砦」

 

118)坂村真民「鳥は飛ばねばならぬ 人は生きねばならぬ」

 

119)西條八十「花咲く乙女たち」

 

120)西條八十「あの夢この歌」

 

121)西條八十「蝶」

 

122)石濱恒夫「大阪ぐらし」

 

123)岩谷時子「夢で逢おうね」

 

124)「名犬ロンドン物語」主題歌の歌詞

 

125)リルケ(片山敏彦 訳)「『愛』より」