今回は山上路夫が作詞した「ねがい」という歌詞をご紹介。この楽曲を唄ったのは、西郷輝彦である。

 

ねがい

 

作詞:山上路夫 作曲:いずみたく 歌唱:西郷輝彦

 

何を今日は求めて生きた

淡いたそがれ町をやさしく閉す

ひとりそっと見上げる空に

夕星ひとつ輝く

たとえ 今日の夢がこわれ去っても

のぞみ明日につなげ人は生きるものなのか

だれも喜びと悲しみを 胸に抱いて

生きてゆくのか明日も

 

なぜと風に問いかけたとて

町を夕風何も答(こたえ)ずゆくよ

なぜに生きる答(こたえ)を求め

誰でも生きているのか

 

たとえ 今日の愛がこわれ去っても

のぞみ明日にかけて人は歩むものなのか

だれも喜びと悲しみを 胸に抱(いだ)いて

生きてゆくのか明日も

 

たとえ 今日の夢がこわれ去っても

のぞみ明日につなげ人は生きるものなのか

だれも喜びと悲しみを 胸に抱(いだ)いて

生きてゆくのか明日も

 

西郷輝彦さんがオーストラリアで最先端の癌治療を受けられたことを、私はYouTubeで知りました。

 

ドキュメント動画を見ていて、夫婦愛を感じましたね。西郷さんが頑張れるのも、奥さんの存在が大きいと思います。

 

今回ご紹介した「ねがい」ですが、前向きで実に良い楽曲です。

 

前向きな人生讃歌としては、他にも「俺たちの明日」という曲もあります。

 

「ねがい」と「俺たちの明日」は、ともに山上路夫が作詞。

 

昭和歌謡の中でも、語り継いでゆきたい名曲だと、私は思っています。