ビリー・バンバンが唄ってヒットした「さよならをするために」の歌詞がいい。作詞を担当したのは、俳優の石坂浩二である。

 

さっそく、引用してみよう。

 

さよならをするために

 

1 過ぎた日の微笑みを みんな君にあげる

ゆうべ枯れてた花が 今は咲いているよ

過ぎた日の悲しみも みんな君にあげる

あの日知らない人が 今はそばに眠る

温かな昼下がり 通りすぎる雨に

濡れることを 夢に見るよ

風に吹かれて 胸に残る想い出と

さよならをするために

 

2 昇る朝陽のように 今は君と歩く

白い扉をしめて やさしい夜を招き

今のあなたにきっと わかるはずはないの

風に残した過去の さめた愛の言葉

温かな昼下がり 通りすぎる雨に

濡れることを 夢に見るよ

風に吹かれて 胸に残る想い出と

さよならをするために

 

「さよならをするために」は、1972年2月10日発売。日本テレビのテレビドラマ『3丁目4番地』の主題歌として、石坂浩二によって作詞、坂田晃一によって作曲され、ビリーバンバンによって歌われた楽曲である。

 

この歌詞は以前から知っていたが、今回読み返してみて、首筋のあたりから背中にかけて、ざわざわととした感覚が走りぬけて行った。

 

なぜだろう?

 

おそらくは、石坂浩二の文才のなせるわざだろう。

 

これほど優しく、温かく、過去の哀しみを、そして現在のさびしさと切なさを、包み込んでくれる歌詞を私は他に知らない。

 

言葉が出てきて、次の言葉を連れてきて連なり、また次の言葉が現れては、次の言葉を呼んでくる。

 

言葉と言葉のつながりに全く無理がない。そういう詩が本当に詩なのではないか。しかし、そういう詩は滅多にあるものではなく、そういう詩に出逢うと、呆気にとられ、心を奪われ、何度も何度も口ずさんでしまう。

 

それが、この歌詞「さよならをするために」の魅力である。