何回ともなく映画化やドラマ化がされてきた「姿三四郎」の主題歌の歌詞が、印象深い。

 

「姿三四郎」の原作は、富田常雄の長編小説。

 

さっそく、関口新一が作詞した「姿三四郎」の歌詞をご紹介しよう。

 

姿三四郎

 

作詞:関口新一

作曲:安藤実親

歌唱:村田英雄

 

1 人に勝つより 自分に勝てと

言われた言葉が 胸にしむ

つらい修業と 弱音を吐くな

月が笑うぞ 三四郎

 

2 花と咲くより 踏まれて生きる

草のこころが 俺は好き

好きになっては いけない恋に

泣けば雨ふる 講道館

 

3 しめた黒帯 一生かけて

業も捨身の 山あらし

男だったら やるだけやるさ

それが道だよ 三四郎

 

極めてシンプルだが、シンプルゆえに、よく伝わる。

 

凛々しく美しい、男の生きざまが時代の空気の象徴として歓迎され、歌謡曲として愛唱された素朴な時代の歌詞であり、名曲と言えるだろう。

 

村田英雄は私の父親が好きだったが、男を主人公とした楽曲ばかりを歌っていたと記憶している。

 

それで充分に人気を博していたのだから、良い時代だったのである。