詩人革命

風花未来サポーターズクラブのご案内

◆風花未来サポーターズクラブの目的

こんにちは、風花未来です。風花未来と参加いただいた方が互いにサポートし合う、助け合うという意味から、「風花未来サポーターズクラブ風花クラブ)」というネーミングを採用いたしました。

さらに短く呼びたい方は、KSCでお願いします。

でも風花クラブは、単なる風花未来の後援会(応援してくださる方の集まり)ではありません。

ご参加いただいた方お一人お一人が成長していただけるように、風花自身が持つノウハウ提供することから、学び塾という性質も色濃いのです。

その意味から、風花クラブは風花未来を支持・応援してくださる人が集う、学び塾と言えます。

風花クラブが目指すのは「自分力の向上」です。

「自分力」を「トータル・ヒューマンパワー」「人間力」という言葉に置き換えていただいても差し支えありません。

言葉・文化(文学と映画など)を学ぶことから、感性・思考力・発想力・企画力・表現力などを養い、「マイ政治力」(政治を語る・政治に参加する・政策提案する力)を高めていただくことを目的とします。

また、この「マイ政治力」は、実際の政治だけでなく、自分の潜在能力を引き出す力、自分の行動をコントロールする力、社会や他者のためになる表現力アップなどを指すのです。

政治を変えるための行動をする、社会や自分の状況を改善するために行動すると同時に、一人ひとりが「マイ政治力(自分力・人間力)」をアップすることも大切です。

一人ひとりが自分の価値軸を持ち、自分の言葉で語れるようになった時、世の中は良い方向に変わる、自分自身も運命も好転する、と私は信じています。

◆主な活動・サービス内容

1)風花トークや深掘り動画などを、会員様だけに限定公開

風花未来が自由に語る「風花トーク」、一つのテーマを深く掘り下げる「深掘り動画」、詩・映画・哲学・文学といった文化的な話題などを、一般公開動画では見れない聴けない動画を、会員様だけに限定公開いたします。

ステージ1の配信は、12月16日~3月15日までの3ヶ月間

途中で参加されても、バックナンバーはすべて閲覧いただけます。

動画の配信ペースは週3回くらいです。時期によって異なります。

風花クラブの配信(本活動を含む)は、12月16日~3月15日までをファーストステージとさせていただきます。セカンドステージのご案内は改めていたします。

途中で申し込みされても、期間中に配信された動画はすべて閲覧いただけるよう、サポートいたします。

特典もすべてお送りいたしますので、ご安心ください。

2)風花未来が作る教材(PDF)のご提供(月に1つをご提供)

風花未来の新作の教材、旧作の教材を、プレゼント。

3)リーディング・ラボ(Web読書会)

リーディングラボ(ライブ配信による読書会)に無料で参加できます。課題図書を決めて、あらかじめ読んできた人が集まって、会話するという内容です。随時開催

4)ワークショップに無料ご招待

ワークショップを都内で開催。無料でご招待します。

5)各種イベントに無料ご招待

セミナー・お話し会・勉強会などに無料ご招待
(企画していただければ講師料は無料でOK)

その他、いろんな企画を増やしてゆきますので、ご期待ください。

お申込み方法

2020年3月15日までの受講費は、3000円(税込)

途中で入会されても、すべての動画(会員様限定)を閲覧いただけます。

⇒風花未来サポーターズクラブのお申込み方法

 

まだ入会はしないが、今後の風花クラブに関する情報を知りたい方は、以下の無料メルマガにご登録ください。

⇒風花未来のメルマガ

◆風花未来のプロフィール

風花未来のプロフィールは以下のページからご覧ください。

⇒風花未来の自己紹介

コメント

  • コメント (11)

  • トラックバックは利用できません。

    • 岡崎民子
    • 2019年 12月 07日

    ほとんど毎日、風花未来見てました。兵藤正俊の状況の交差点も1週間に1回は見て聞いてました。勉強になります。ディプスティートに操られ、この先日本の未来はありません❗しかし、今の日本を変えれるのは山本太郎しかいません。頑張ってください。応援しています。

      • ことのは
      • 2019年 12月 07日

      ありがとうございます。継続してまいります。

    • 佐々木 龍太郎
    • 2019年 12月 07日

    風花未来チャンネルみていますこれからも頑張って下さい

    • 大道 彰
    • 2019年 12月 08日

    いい企画だと思います。頑張ってください。

    • ゆめかざり
    • 2019年 12月 17日

    YOUTUBEを見ました、三橋氏の緊縮財政派人を殺す、と言うところを解説していましたし、財務省がなぜ緊縮化ということも推測していたと思います。

    私も三橋氏や山本太郎氏の考えに賛成で、日本はもっと財政出動するべきと考えいます。

    その前に、国政において歳出とは何か、歳入とは何かと言う事です、これは山本太郎氏も三橋貴明氏もステファニー・ケルトン教授も言ってっています。
    そして三橋氏や山本氏は図解して説明しています。

    算数でデフレ時の消費税があり得ない理由を解説します、数学ではなく足し算です。

    現在の国の歳出はざっくり100兆円、歳入は60兆円の予定です。
    国の債出、歳入を簡略化して説明すれば、

    ①年初に歳出40円の国債を発行します(実際はもう少し細かく行いますがわかりやすく)
    ②随時入ってくる印紙税、軽油税、タバコ、酒、重量税)など20兆円を再分配します
    ③確定申告で所得税、消費税、法人税など40兆円が入ってきます、これも再分配しま

    つまり歳出=40兆円+20兆円+40兆円
    歳入=20兆円+40兆円です

    これで、自民党が行っているのは歳入が足りないから消費税と言っています、安定財源の消費税と言っています、歳入は財源ですか?、歳入って何??と言うことです。

    この式を少し変えます
    ①最初に歳出として国債100兆円を発行します、
    これにより公共工事、医療、子育て、介護、教育など全てに予算を割り当てます。

    ②随時印紙税やタバコ、酒、重量税が入ってきます、20兆円
    ③確定申告で所得税、法人税、消費税が入ってきます。

    入ってきた歳入の20兆円+40兆円は何ですかということです。

    もう予算は付いていますよね。

    解説します
    国債100兆円が歳出として世の中に出ると、需要に供給が追いつかずにインフレになります
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    それを防ぐ為に歳入20兆円+40兆円を国民から徴収します。

    歳出の国債100兆円から歳入の60兆円を国債の借金返しに使います、すると40兆円だけ世のなかに出ます。

    最初の国債40兆円を歳出として発行して、20兆円+40兆円を再分配したのと同じ結果になります。
    つまリ歳入(消費税も含む)はインフレになることを防ぐ為の徴税なのです。

    デフレを脱却できないのは、税金の取りすぎで、過度のインフレ退治なのです。

    これは山本太郎氏の選挙演説(現在全国行脚中)でも行っていますし、三橋貴明氏の三橋チャンネルの仲でも水道蛇口と容器に射水を入れて、溢れる前に水を抜く例の例で図解しています。

    政治家にも伝えたのですが、もみ消されたようです。

    これを少し考えてください。

    YOUTUBEを見ました、三橋氏の緊縮財政派人を殺す、と言うところを解説していましたし、財務省がなぜ緊縮化ということも推測していたと思います。

    私も三橋氏や山本太郎氏の考えに賛成で、日本はもっと財政出動するっべきと野考えです。

    その前に、国政において歳出とは何か、歳入とは何かと言う事です、これは山本太郎氏も三橋貴明氏もステファニーケルトン教授も行っています。
    そして三橋氏や山本氏は図解して説明しています。

    算数でデフレ時の消費税があり得ない理由を開設します。

    現在の国の歳出はざっくり100兆円、歳入は60兆円の予定です。
    減税の方式は簡略化して説明すれば、
    ①年初に歳出40円の国債を発行します(実際はもう少し細かく行いますがわかりやすく)
    ②随時入ってくる印紙税、軽油税、タバコ、酒、重量税)など20兆円を再分配します
    ③確定申告で所得税、消費税、法人税など40兆円は行ってきます、これも再分配しま

    つまり歳出=40兆円+20兆円+40兆円
    歳入=20兆円+40兆円です

    これで、自民党が行っているのは歳入が足りないから消費税と言っています、歳入って何??と言うことです。

    この式を少し変えます
    ①最初に歳出として国債100兆円を発行します、
    これにより公共工事、医療、子育て、介護、教育など全てに予算を割り当てます。
    ②随時印紙税やタバコ、酒、重量税が入ってきます、20兆円
    ③確定申告で所得税、法人税、消費税が入ってきます。

    入ってきた歳入の20兆円+40兆円は何ですかということです。

    もう予算は付いていますよね。

    解説します
    国債100兆円が歳出として世の中に出ると、需要に供給が追いつかずにインフレになります、
    それを防ぐ為に歳入20兆円+40兆円を国民から徴収します。

    歳出の国債100兆円から歳入の60兆円を引けば40兆円だけ世のなかに出ます
    最初の国債40兆円を歳出としては効して、20+40兆円を再分配と同じ結果になります、
    つまリ歳入(消費税も含む)はインフレになることを防ぐ為の徴税なのです。

    これは山本太郎氏の選挙演説(現在全国行脚中)でも行っていますし、三橋貴明氏の三橋チャンネルの仲でも水道蛇口の例で図解しています。

    政治家にも伝えたのですが、もみ消されたようです。

    • 安藤義樹
    • 2019年 12月 22日

    詩的で静かな考察を応援しています。「参加と自治」が基本というのは政治学と社会学で、もう半世紀以上も語られてきたテーマでしたが、2019年はこの国でもようやくその真の道筋が見えてきました。真の民主政治とは多数決選挙のことでなく、その欠点を超越して公人や支配者でない自立した市民が個人として考察し合える中間組織としての共同体を実現すること。それをリードしうる地域人材教育としての「私塾」を呼び掛けて始めています。これらは社会工学政治学者であった今は亡きわが師が、かつて本気で主張し続けていたことでした。暮らしと仕事と教育、そして憲法のことも、自然環境もあらゆる安全保障のこともすべてがテーマです。イデオロギーなどでレッテルを貼らない環が巡る対話、嘘とごまかしのない誠の言葉による関係性を貫くのです。科学的事実と技術論の専門情報を冷静に吟味し、未来最大幸福へ向けての賢明で確かな社会制御に結びつける。こうした市民社会の実現こそが「れいわの民主」というこれまで実現できなかった崇高な自治政治を生むのだとの確信を抱いています。他力本願や他者批判でないひとりひとりの政治力進化、個人個人の意識と言動の転換とステップアップが今こそ求められています。大地に根ざし、汗して自然の恩恵を感謝していただく新しき仕事と暮らしのあり方は、田舎と呼ばれるこの国の山あいから「れいわの新変革」としてはじまっています。少しずつ、でもこの機に世の中は変わっていきます。

    • モリシタ ヒロコ
    • 2019年 12月 24日

    緩やかや、時間の中で。奇麗な、言葉で。

    お互いに、助けあって。

    この様な考え方で、発信してくださる方は少ないです。

    グローバリズム、と言う言葉に惑わされ、ひたすら急ぐ。時間を、かけない。

    時間の流れが、早い。着いていけないです。

    やっと風花?が、拡散して下さいました。

    急がされると、ゆっくり自分で考える時間がありません。

    この発言に、ホットしました。

    PS:: 罵詈雑言は、疲れます。

      • モリシタ ヒロコ
      • 2019年 12月 26日

      風花さんの、youtubeは後から見ます。言葉を、選ぶ。ここに惹かれました。本を読まない。文章を、読み込めない。伝えたい言葉を、理解出来ない。綺麗なフレーズに、感動しない。結果、言葉の、使い方選び方が解らない。
      一つの弊害では、ないでしょうか?
      政治家の先生がたには、日本語を、都合よく使って欲しくありません。報道機関の方々も、同じです。
      本当に自分の、都合よく、軽々しい言葉です。( ウンザリです。( 嫌になる。}
      言葉を、フレーズを綺麗に使うと、行動も変
      わる。考える力も、本、文章を読み込むと自然に着いて来ると、思います。

      これからも、風花さんの綺麗なフレーズの、言葉をyoutubeと共に、
      発信して下さい。ささやかながら、応援しています。(本の、ファンより)

    • モリシタ ヒロコ
    • 2019年 12月 25日

    ポスドク。について。日本は、文化財、専門家研究者を排出しません。
    文化については、国の財源から支出します。

    大学の博士課程、終了者も研究室に残り、専門に研究したいと言う人々が、多いです。

    その財源確保を、日本は国の無駄遣いだと言って削っています。
    研究者は、論文を書いて提出しないといけない。

    ポスドク、というらしい。
    専門家研究者を排出するには、一人 数千万〜1億位かかるという。

    彷徨える博士達。という番組を、見ました。
    非常にもったいない話です。

    ここでも、文科省が1990年頃、専門職の養成を計画した。

    然し緊縮財政と、少子化から財源を無駄遣いだと言って削ってしまった。

    かねがね思っていたけど、日本は肝心な所に財源を、投資しない。

    文化財保全、博士課程から院生に。
    日本にとって、とてつもなく長期的な人材育成だと思います。

    youtubeで、ポスドクで検索出来る。

    • モリシタ ヒロコ
    • 2019年 12月 26日

    風花さん、何時も動画投稿有り難うございます。

    ちょっと、仕事しながら今回の動画投稿の発言。
    解って、わざと言ってみた。と言う方向性を期待したい。

    選挙前から、れいわを応援して(国防) この言葉は、まずいと思う。
    ホンネなら、仕方無いです。
    デリケートな、時期にデリケート ゾーン。

    国防ー徴兵制度。と捉えかねない、人々がいます。

    動画投稿の、コメント欄一番最後。
    ○○と、言いながらやはり、国防かよ。

    この様なコメントが、アット言う間に広がれば、
    またまた、風花さんが攻撃の的になること思います。

    選挙前。時期的に、れいわ応援して( 国防 )と言う言葉が、風花さんの動画投稿に影響が出ない事を、祈るばかりです。
    言葉の、怖さ。風花さんが、一番よくご存知の事だと思います。

    陰ながら、祈っています。

      • モリシタ ヒロコ
      • 2019年 12月 29日

      風花さん、有り難うございます。
      風花さんの、一言。ではないか、と思います。皆んな、不安なんですよ。皆んな、安心したいんですよ。

      これが一気に、アクセス数を増やした、言葉だと思います。

      悩みは、あって当然出し、解決しようとしても当然。
      悩みを、異物として扱わない事。

      風花さん、れいわの動画御苦労様でした。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP