1973年~1974年にかけて放送されたテレビドラマ「ぼくは叔父さん」の主題歌の歌詞が良いのです。

 

歌のタイトルは「夢で逢おうね

 

作詞は、岩谷時子、作曲は、筒美京平、歌は郷ひろみです。

 

夢で逢おうね

 

せめて君を夢見よう 楡(にれ)の木陰で

風にくすぐられながら 僕は眠ろう

赤い鳥よ 僕を起こさないで

せめて夢の中だけは 二人でいたい

君はいつも人の中で 僕の恋を笑うだけね

 

せめて夢に酔いながら 目を覚ましたい

青い星屑をつけて 一人眠ろう

泣いていても 僕を起こさないで

せめて夢で会うときは 恋人同士

君はいつも人の中で 僕の恋を笑うだけね

君はいつも人の中で 僕の恋を笑うだけね

 

この歌「夢で逢おうね」はYouTubeで視聴できます。

 

ぼくは叔父さん 1973 夢で逢おうね 郷ひろみ

 

主演の郷ひろみが歌っているのですね。甘い声だなぁ。う~ん、この歌、とてつもなく、いいじゃないですかぁ~。

 

ちょっと寂しげで、温かくて、泣きたいくらい懐かしい……。

 

まさに、昭和の歌ですね。令和では、こういう歌は生まれない、そう思うと哀しい気持ちになりました。

 

いえいえ、私たちがこの「夢で逢おうね」を聴いて、初めて聴くのに懐かしいと感じたら大丈夫でしょう。

 

今の二十代の人が、この歌を聴いて「風花さん、この歌、いいですね、誰が歌ってるんですか」と言ってくれたら、私の方が嬉しくて泣くかもしれない。

 

ともあれ、この「夢で逢おうね」にある「温もり」だけは、この「温もり」こそが人にとって一番大事なものなんだと、伝えたい、そんな気がしてなりません。