罪と罰

  1. 漫画で読む「罪と罰」。ドストエフスキーの名作長編小説はマンガから始めても面白い。

    ドストエフスキーを語る人たちは、何だか、当然のように彼の全集を全部読破していることを前提にしているふしがあります。まさか、ですよねえ。こんな娯楽…

  2. ドストエフスキー「罪と罰」入門。その登場人物たち。

    ドストエフスキーの「罪と罰」を粘り強く読んでゆきます。今回のテーマは「人物設定(登場人物)について」です。彼の人物造形の仕方は極めて鋭く、独特の趣きを呈…

  3. ドストエフスキーの「罪と罰」を読んで、読書は格闘技だと痛感した件

    ドストエフスキーの「罪と罰」はまともな感覚で読んだら、発狂してしまうかもしれない。そういうギリギリのところで読むことを人に要求する、聖なる邪悪の書なのだ。…

PAGE TOP