風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

LATEST ENTRIES

映画「砂の器」のテーマ曲、ピアノと管弦楽のための組曲「宿命」を鑑賞。

映画「砂の器」を久しぶりに鑑賞。これで、5回目くらしでしょうか。 この映画において、丹波哲郎の役者力の大きさを改めて感じました。刑事が丹波哲郎だからこそ、この映画「砂の器」の重さと格調が表現されうるのだと思いました。 それともう…

テレビドラマ「陸王」の役所広司の演技について

テレビドラマ「陸王」を、アマゾンビデオで5話の途中まで見ました。 最初はなかなか感情移入できなかったのですが、次第にスイッチが入ってきているところです。 このドラマの見どころはいろいろありますが、やはり何といっても、主演である、…

荒川静香の金メダルに学ぶ引き寄せの法則

古い話で恐縮ですが、2006年2月に開催されたトリノオリンピック、そのフィギュアスケートの女子シングルで金メダルを獲得した荒川静香の演技を、覚えておられる人は多いのではないでしょうか。 早いもので、あの感動から、もう10年以上が経つの…

淡くかなしきもののふるなり~三好達治「乳母車」より

学生時代に傾倒したにもかかわらず、その後ほとんど読まなくなってしまった詩人がいます。三好達治(1900年~ 1964年)です。 ご存じでしょうか? 最近の教科書には、三好達治の詩は載っていないかもしれませんね。載らなくなっているとした…

サトウハチロー「小さい秋みつけた」の言葉力

今回のテーマですが、詩ではなく、歌詞を取り上げます。 現在、私は日本語について、言葉について、かなり深く関わっております。「Web文章の書き方」をお伝えする講座を持っていることもありますが、それ以前に、言葉を見つめ直すことで、忘れかけ…

阿部 紘久「文章力の基本」を、文章の書き方を学ぶ入門書としてオススメ。

風花塾の塾生さんに、「文章力の基本」を養っていただくためには、どんなテキストを作成したらよいか、かなり悩みました。 そのために、現在、私の前には、30冊ほどの文章作法に関する本が積み上げられています。 いろいろ思案しましたが、塾…

樋口裕一「書く力をつける小学高学年用―国語力の基礎」が難しいと感じる理由は?

インターネットを活用して収益を上げるのがネットビジネス。 ネットビジネスの様々なシーンで求められるのが、文章力です。文章力の向上こそ、ネットビジネス成功のための基礎であり、差別化の最終兵器とも言えるのですね。 文章力を身につけて…

母の情け、母の恩

父も母も、そして長男も亡くなってしまい、孤独をしみじみと感じる今日この頃です。 仕事柄、ビジネス書や自己啓発書をよく読むのですが、その度に、母親のことを思い出します。 ビジネスの世界でいう人間関係で、よく使われる言葉が「Win-…

「心の琴線にふれる言葉―声に出して読みたい日本語5」で、感じながら読む習慣をつけましょう。

文章力をアップさせるというと、すぐにテクニックや法則を想起するかと思います。 もちろん、技法や方程式は学んで損はありません。 ただ、他の人と違う、読者に強く訴える文章を書くには、その前に必要なことがあります。 それは言葉で…

しめやかな激情

「しめやかな激情」という言葉をご存知でしょうか? 和辻哲郎(わつじ てつろう)の言葉です。 日本人の心の原風景には、この「しめやかな激情」が息づいていることを私も信じています。 やさしく、しとなかで、穏やかなたたずまいが、…

さらに記事を表示する

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしていただきますと「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ