1950~60年代に日本映画(邦画)は黄金期を築きました。1950年代~1960年代の日本の名作映画を、映画監督別に分類します。

 

リンクのあるタイトルは、当ブログでレビュー済みの映画です。

 

一部、どうしても捨てがたい名作は、この年代に入らない作品を掲出。

 

黒澤明

 

素晴らしき日曜日(1947年)※

 

醉いどれ天使(1948年)※

 

野良犬(1949年)※

 

羅生門(1950年)

 

白痴(1951年)

 

生きる(1952年)

 

七人の侍(1954年)

 

隠し砦の三悪人(1958年)

 

悪い奴ほどよく眠る(1960年)

 

用心棒(1961年)

 

椿三十郎(1962年)

 

天国と地獄(1963年)

 

赤ひげ(1965年)

 

小津安二郎

 

東京物語(1953年)

 

溝口健二

 

雨月物語(1953年)

 

祇園囃子(1953年)

 

近松物語(1954年)

 

木下惠介

 

二十四の瞳(1954年)

 

野菊の如き君なりき(1955年)

 

小林正樹

 

美わしき歳月(1955年)

 

人間の條件・第一・第二部(1959年)

 

人間の條件・第三・第四部(1959年)

 

人間の條件・完結篇(1961年)

 

切腹(1962年)

 

上意討ち 拝領妻始末(1967年)

 

いのちぼうにふろう(1971年)※

 

川島雄三

 

洲崎パラダイス赤信号(1956年)

 

幕末太陽傳(1957年)

 

岡本喜八

 

独立愚連隊(1959年)

 

江分利満氏の優雅な生活(1963年)

 

(1965年)

 

血と砂(1965年)

 

大菩薩峠(1966年)

 

日本のいちばん長い日(1967年)

 

斬る(1968年)

 

肉弾(1968年)

 

新藤兼人

 

愛妻物語(1951年)

 

原爆の子(1952年)

 

銀心中(1956年)

 

第五福竜丸(1959年)

 

裸の島(1960年)

 

増村保造

 

氷壁(1958年)

 

巨人と玩具(1958年)

 

妻は告白する(1961年)

 

黒の試走車(1962年)

 

黒の超特急(1964年)

 

兵隊やくざ(1965年)

 

清作の妻(1965年)

 

刺青(1966年)

 

陸軍中野学校(1966年)

 

赤い天使(1966年)

 

華岡青洲の妻(1967年)

 

盲獣(1969年)

 

今井正

 

また逢う日まで(1950年)

 

大庭秀雄

 

長崎の鐘(1950年)

 

成瀬巳喜男

 

稲妻(1952年)

 

山の音(1954年)

 

女が階段を上る時(1960年)

 

市川崑

 

ビルマの竪琴(1956年)

 

黒い十人の女(1961年)

 

破壊(1962年)

 

東京オリンピック(1965年)

 

野村芳太郎

 

張込み(1958年)

 

ゼロの焦点(1961年)

 

砂の器(1974年)※

 

久松静児

 

警察日記(1955年)

 

続 警察日記(1955年)

 

本多猪四郎

 

ゴジラ(1954年)

 

稲垣浩

 

無法松の一生(1943年)※

 

無法松の一生(1958年)

 

橋本忍

 

私は貝になりたい(1959年)

 

堀川弘通

 

黒い画集 あるサラリーマンの証言(1960年)

 

鈴木英夫

 

黒い画集 第二話 寒流(1961年)

 

杉江敏男

 

黒い画集 ある遭難(1961年)

 

吉村公三郎

 

その夜は忘れない(1962年)

 

越前竹人形(1963年)

 

丸山誠治

 

太平洋奇跡の作戦 キスカ(1965年)

 

蔵原惟繕(くらはら これよし)

 

愛と死の記録(1966年)

 

豊田四郎

 

千曲川絶唱(1967年)

 

五社英雄

 

三匹の侍(1965)

 

山本薩夫

 

氷点(1966年)

 

白い巨塔(1966年)

 

田中徳三

 

大殺陣 雄呂血(1966年)

 

森一生

 

ある殺し屋(1967年)

 

内田吐夢

 

飢餓海峡(1965年)

 

浦山桐郎

 

キューポラのある街(1962年)

 

非行少女(1963年)

 

山田洋次

 

霧の旗(1965)

 

男はつらいよ(1969年)

 

家族(1970年)

 

幸福の黄色いハンカチ(1977年)※