映画「第三次世界大戦 四十一時間の恐怖」は、1960年10月19日に公開されている。

 

作品データは以下のとおり。

 

監督 日高繁明

脚本 甲斐久尊

原案 週刊新潮編集部

製作 秋田亨

出演者 梅宮辰夫

三田佳子

加藤嘉

亀石征一郎

二階堂有希子

神田隆

織本順吉

アンドリュー・ヒューズ

 

B級娯楽作品ではないか、と期待しないで視聴したが、予想外に真面目な映画だった。

 

主演の梅宮辰夫三田佳子の演技力が確かなことも、この映画の力になっている。

 

役者の力は大きい、としみじみと感じ入った。

 

ネタバレになるので明かせないが、ラストは衝撃的だ。この結末は予測できなかった。

 

こうしたテーマはアニメにありがちだが、実写映画が、かつて日本で作られていたことは、評価に値する。

 

病気の妻をもつ、中年の流しの男の存在が効いていた。自分を「幸せだ」と言った時の表情は良かった。

 

この夫婦の存在が、この映画に深みを与えているので、注目していただきたい。

(Visited 29 times, 1 visits today)