映画「若草物語」は、1964年に公開された日本映画。

 

 

日活の四大女優(吉永小百合浅丘ルリ子芦川いづみ和泉雅子)が共演。

 

作品データは以下のとおり。

 

タイトル「若草物語」

監督 森永健次郎

脚本 三木克巳

製作 日活

製作総指揮 亀井欽一

出演者 吉永小百合

浅丘ルリ子

芦川いづみ

和泉雅子

浜田光夫

和田浩治

音楽 崎出伍一

主題歌 吉永小百合『若草物語』

撮影 松橋梅夫

編集 井上治

公開 日本の旗 1964年12月31日

上映時間 85分

 

「高度成長期を生きる若い女性たちの恋愛観や結婚観、幸福のかたちを描いた青春物語である」と、ウィキペディアには記載されているが、その通りの内容である。

 

私の感想は一言に尽きる。

 

空気感。時代の空気感。1964年の日本という時代の空気感。それが見事に描きだされていて、その空気感だけで、涙がとまらなくなりそうだ。

 

2022年の空気感はあまりにも違いすぎる。残酷なほど違い過ぎた。

 

だから、涙が込み上げてくるのだ。時の流れとは惨い、情け容赦なく時間は流れ去り、似ても似つかない空気感を醸成してしまう……。

 

1965年の映画「四つの恋の物語」も、同じ日活の青春映画だが、趣きは異なる。4人の女優のうち、3人は同じで、浅丘ルリ子にかわって十朱幸代が出演している。

 

映画「四つの恋の物語」のレビュー記事

 

「若草物語」と比較すると面白いかもしれない。

(Visited 35 times, 2 visits today)