金子みすゞをまとめてみました。最後には金子みすゞのプロフィールも掲載。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金子みすゞのプロフィール

 

金子みすゞは、1903年(明治36年)4月11日に生まれ、1930年(昭和5年)3月10日に死去。大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した日本の童謡詩人です。

 

1923年(大正12年)9月に『童話』『婦人倶楽部』『婦人画報』『金の星』の4誌に一斉に詩が掲載され、西條八十からは「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛されました。

 

多くの優れた近代詩人がそうであるように、金子みすゞも短命でした。わずか26年の生涯を、服毒による自殺で終えてしまったのです。