金子みすゞの「にはとり」というをご紹介します。

 

にはとり

 

お年をとつた、にはとりは

荒れた畑に立つて居る

 

わかれたひよこは、どうしたか

畑に立つて、思つてる

 

草のしげつた、畑には

葱の坊主が三四本

 

よごれて、白いにはとりは

荒れた畑に立つてゐる

 

100分de名著 金子みすゞ詩集」の著者である、松本侑子氏はこの詩「にはとり」を、金子みすゞの初期の名作と評価しています。

 

「みすゞ節」はここでは封印されていて、童謡らしい可愛い感じは微塵もありません。

 

「お年をとつた」「荒れた畑」「わかれた」「草のしげつた、畑」「よごれて」など、ネガティブな言葉が多用されているうえに、歌う言葉の調子がないので、暗く厳しい描写(写生)詩となっています。

 

ひよこと別れた親鳥の哀しみと孤独が、感傷を排してリアルに表現された、異色の佳作と呼ぶべきでしょう。

 

この「にはとり」には、元唄があったと松本侑子氏が指摘しています。だとすると、野口雨情の「(にわとり)さん」をアレンジしたのが、金子みすゞの「にはとり」だということになりますね。

 

以下は、野口雨情の「鶏さん」の全文。

鶏さん

 

雛(ひよこ)の母(かか)さん

鶏さん

鳥屋に買はれて

ゆきました

 

大寒 小寒で

寒いのに

雛と わかれて

ゆきました

 

雛に わかれた

母鶏(ははどり)さん

鳥屋で さびしく

暮すでせう。

 

野口雨情は日本を代表する童謡詩人で「シャボン玉」が有名です。

 

野口雨情の「シャボン玉」についてはこちらへ

 

野口雨情の「鶏さん」の方が童謡らしいリズムがありますね。

 

「鳥屋で さびしく 暮らすでせう」でしめくくられ、この寂しげな調子は「雨情節」の片りんと言えるでしょうか。

 

野口雨情、北原白秋西條八十、いわゆる三大童謡詩人童謡界の三大詩人)と比べると、金子みすゞの詩の特性をより鮮明に理解できます。

 

形式美など、文学的な安定性では、金子みすゞの詩は、三大童謡詩人にはややかなわない気もするのです。

 

しかし、技巧の完成度などを超えた魅力が、金子みすゞの詩にはほとばしっています。

 

その「ほとばしり」の秘密については、別の機会に……。

 

金子みすゞの詩のその他の詩はこちら

(Visited 73 times, 1 visits today)