まどか(円和)入門講座

 

●「まどか」は現実離れした理想ではなく、実現可能な世界

 

「まどか」は、「日本の名作詩ベスト100」「日本の名作映画100選」「詩心回帰」「風花メンバーシップ」と並ぶ「まあるい未来プロジェクト」に含まれる、心の国民運動です。

 

風花未来は「まあるい未来(詩心回帰)」を提唱してまいりました。

 

まあるい円を描くように未来を描きたいのですが、その時に大事になるのが「つなげること」です。

 

分断され、壊され、バラバラにされたものを、ていねいにつなぎ合わせて、まあるい円を描くように、まろやかな社会と生活をかなえてゆきましょう。

 

「つなげる」ものは、さまざまあります。

 

政治・経済・社会問題・歴史・街づくり・自然環境などの「外なる世界」と、文化・芸術・個人生活・心の問題などの「内なる世界」、これらを、つないで、つないで、一つの円として語るというのが「まあるい未来」だとご理解ください。

 

「まあるい未来」では、全部つなげて、ぐるっと、まるっと、まあるく一つの円として描き出した「未来物語」をご提示します。

 

「詩心回帰」と「まある未来」の詳細はこちら

 

「まあるい未来プロジェクト」のテーマは「人の時代」と「希望の未来」の創造です。

 

それは政治だけを変えれば実現できるものではありません。人には「心」があるのですから。

 

内なる世界(個人の生活、文化芸術、心の問題)と外なる世界(政治・経済・社会問題・自然環境)が、つながってこそ、人は幸福になれるのではないでしょうか。

 

今回お伝えする「まどか(円和)は、「詩心回帰」「まあるい未来」とテーマは同じですが、目指す世界、理想の境地、幸福のカタチなどを、「まどか(円和)」という言葉に託しつつ、どのような状態なのかをイメージング

 

そして、そのイメージは単なる現実ばなれした理想、夢、憧れではなく、実現可能であり、具体的にどうしたら、実現できるかについて、あらゆる角度からリアルにご提示してまいります。

 

●なぜ、「まどか(円和)」なのか?

 

当初、タイトルは「すべて『まどか』なり」としていたのですが、これでは長いので「まどか」としました。

 

「まどか」は「円和」と書き表す、風花未来の造語(オリジナルワード)です。

 

「まどか」をデジタル大辞泉は「1 まるいさま。「—な月」2 穏やかなさま。円満なさま」と説明しています。

 

しかし、風花未来の造語である「まどか(円和)」は、以下の意味で使用しますので、最初にご確認ください。

 

大いなる愛に抱かれて覚える、深い安息と未来への希望

 

あるいは「深くて大きな和、愛と希望に満ちた和らぎの世界」と理解していただいても結構です。

 

「すべて『まどか』なり」の状態を英語にすると以下のとおり。英語の方がわかりやすいかもしれません。

 

Everything is all right. Peace is here.

 

この英語「Everything is all right」は、映画「1/4の奇跡 ~本当のことだから~ 」のタイトルとなっています。

 

映画「1/4の奇跡 ~本当のことだから~ 」のレビュー記事へ

 

「まどか」を学びたい人へ

 

「まどか」は風花メンバーシップにてお伝えしています

 

「まどか」なる、3つの到達点

 

「まどか」って、どんな状態なの?という人は、以下の動画をご覧ください。

 

山元加津子さん「えいちゃんの話」

 

早苗ネネさん「和歌HULA」

 

荒川静香さん「トリノ五輪2006 フリー演技」

 

無料メルマガ「詩心レター」にお申込みを

 

風花未来の活動について、特典のプレゼント、各種イベント、お得なキャンペーンなどのお知らせは、すべて無料メルマガ「詩心レター」で配信いたします。

 

以下から、ぜひ無料でご登録ください。

 

⇒こちらから、無料でお申込みください

 

hotmail、@outlook.jp、docomoのつくメルアドでは届きませんので、他のメルアドでご登録ください。

 

ヤフーメールが届きやすいので、ヤフーメールでのご登録をオススメします。

 

G-mailも比較的届きやすいですが、ヤフーほどではありません。

 

ご登録いただきますと数秒後に確認メールをお送りしますので、必ず迷惑フォルダも含めてご確認ください。

 

迷惑フォルダにも入っていない場合には、異なるメルアドで再度ご登録ください。

(Visited 193 times, 3 visits today)