日本の名作映画

仲代達也が主演したドラマ「地獄の掟」を見た感想。

地獄の掟」というテレビドラマをアマゾンプライムの「大劇専用チャンネル」で見ました。

この「地獄の掟」は仲代達也が主演しています。実は私はこの「地獄の掟」と同じストーリーの映画を見たことがあるのです。

それが、このブログでも取り上げたことがある「いのちぼうにふろう」。この映画にも仲代達也は出演していました。

物語が同じなのは、原作が両方とも山本周五郎の「深川安楽亭」だからです。

私が何を言いたいのかというと、仲代達也という役者の凄さにほかなりません。

映画「いのちぼうにふろう」については、このブログで取り上げたことがあります。

「いのちぼうにふろう」のレビューはこちら

「いのちぼうにふろう」と「地獄の掟」では、仲代達也は違う人物を演じています。

仲代達也は「いのちぼうにふろう」では定七に、「地獄の掟」では幾造に扮しました。

仲代達也が出演した映画はかなり見てきましたが、「いのちぼうにふろう」と「地獄の掟」は仲代達也の代表作と評価して間違いないでしょう。

とくに「地獄の掟」の演技は円熟しており、このテレビドラマに品格と凄みを与えています。

役者の力によって、作品はここまで高められるものなのかと、今回は本当に驚嘆しました。

「地獄の掟」は当然、単独でも楽しめますが、「いのちぼうにふろう」と比較すると、味わいが深くなることでしょう。

「いのちぼうにふろう」にだけ出演している、中村翫右衛門栗原小巻は特に光っていましたので、ぜひご覧になってください。

中村翫右衛門と仲代達也の芝居を比べてみると、実に味わい深いものを感じ取ることができます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP