風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

「うなづく」は誤用で「うなずく」が正しい日本語?

うなずく」か、それとも「うなづく」か、書こうとして迷ったことはありませんか。

「ず」が正しいのか、「づ」が正しいのか、はたまた、どちらでもいいのか?

私の場合、このように不安を覚えた時は、辞書を引き、確認してから書くようにしています。

そこで、今回は「うなずく」をまず、辞書で調べ、次に手元にある日本語関連の本で確かめてみました。

結論から申しますと、昭和61年の内閣告示の現代仮名違いでは、「うなずく」が基本的には正しく、「うなづく」は慣用表現として許容されているのです。つまり、どちらの書き方でも、間違いではありません。

「うなずく」の語源がややこしい。

「うなずく」を語源を知ると、余計にややこしくなります(苦笑)。

「うなずく」は、もともと「項(うな)突く」からきています。「項」は「うなじ」と読み「首・頭」のこと。この場合の「突く」は「頭、額、膝、手などを地面につける」という意味です。

地面につけるわけですから「うなづく」と表記しても良さそうなのですが、それがそういうふうにはなっていないので、話がややこしい。

現代では「(~を)突く」という意味合いが消えてしまっているため、「頷く」と一つの漢字に表記されるなど、ひとくくりの言葉になっている(二語に分解しにくい)ので「うなずく」と表記するのが基本だとされています。

文科庁の公式ページ「現代仮名遣い 本文 第2(表記の慣習による特例)」をご覧ください。以下のような記述があります。

次のような語については、現代語の意識では一般に二語に分解しにくいもの等として、それぞれ「じ」「ず」を用いて書くことを本則とし、「せかいぢゅう」「いなづま」のように「ぢ」「づ」を用いて書くこともできるものとする。

例 せかいじゅう(世界中)
いなずま(稲妻) かたず(固唾) きずな(絆*) さかずき(杯) ときわず ほおずき みみずく
うなずく おとずれる(訪) かしずく つまずく ぬかずく ひざまずく
あせみずく くんずほぐれつ さしずめ でずっぱり なかんずく
うでずく くろずくめ ひとりずつ
ゆうずう(融通)

「うなずく」は「項突く」ともともとは二語から構成される言葉だったのですが、現代では一語の意味合いが強く、文化庁がいう「二語に分解しにくいもの」に分類されるので「うなずく」が本則として正しいことになります。

ただし、「づ」を用いてもかくことができる、とされているので、要するに「うなずく」が基本的に正しいのですが「うなづく」と書いても良いわけです。

「うなずく」を漢字で表記する場合、「頷く」か「頷く」を使う。

「うなずく」を漢字で表記する場合、以下の3種類があると辞書には書かれています。

「頷く」「肯く」「首肯く」

3番目の「首肯く」は「首肯(しゅこう)する」という言葉もありますが、現代では「首肯く」も「首肯する」も使わないでしょう。

昔の小説を読んでいると、「首肯(しゅこう)する」という言葉がよく出てきます。しかし、最近、日常では見たことも聴いたこともありません。

ですから、通常では「頷く」か「肯く」を使うわけですが、意味が違いますので、注意してください。

「頷く」は、動き、動作、運動をあらわす時に使う。

「広辞林」によれば「うなずく」の一つの意味を「首を下に動かす」と説明しています。「頷く」の「頷」には「あご」という意味があり、人間の部位を指す言葉です。

その意味から「頷く」は、基本として「動作」をあらわす時に使うべきです。

「肯く」は、気持ち、心理、意志をあらわす時に使う。

「大辞林」は「うなずく」のもう一つの意味を「肯定・同意・承諾などの気持ちを表して首をたてに振る。合点(がてん)する。」と説明しています。

ですから、「肯く」は、「心理」をあらわしたい時に使うべきなのです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ