三好達治の「」というをご紹介します。

 

蟻が

蝶の羽をひいて行く

ああ

ヨットのやうだ

 

ルナールの博物誌を想わせる。蝶についてルナールは「博物誌」で次のように書いている。

 

二つ折りの恋文が、花の番地を捜している

 

蟻が蝶の羽を引いてい行くようを「ヨットのようだ」と表現した……こうも下手ではない。

 

しかし、今一つのようにも感じる。

 

ところが、この詩には疑問点がある。

 

それはタイトル。

 

どうして「土」なの?

 

「ヨット」でいいんじゃないですか?

 

この詩を探す時に「土」というタイトルを忘れてしまったら、見つかりにくいかもしれない。

 

思いついた詩のタイトルを検索窓に入れても、この詩は出てきそうにない。

 

それくらい「土」というタイトルは、地味すぎるし、同時に奇抜だ。

 

どうやら、この詩は、タイトルと本文を続けて読む、タイトルと本文をワンセットで解釈しないと、三好達治の意図はわからないみたい。

 

蟻という虫は地味であり、地べた、即ち「土」の上を歩くだけで生活している。羽の生えた蟻は別だが、たいていは、羽を蟻は持っていない。

 

しかし、三好達治は、「土」から、一気に「海」の世界へ、蟻とも私たち読者も、連れて行ってくれる。

 

想像力というのは、本当に素晴らしい。

 

「土」から「海」を生み出してくれた、三好達治のイマジネーションと表現力に「ありがとう!」と言いたい。

(Visited 799 times, 1 visits today)