今回は黒田三郎の「紙風船」という詩をご紹介。

 

さっそく、引用してみます。

 

紙風船

 

落ちて来たら
今度は
もっと高く
もっともっと高く
何度でも
打ち上げよう

 

美しい
願いごとのように

 

村野四郎の「鹿」が絶望の詩なら、この黒田三郎の「紙風船」は希望の詩である。

 

⇒村野四郎の「鹿」についてはこちらへ

 

黒田三郎(くろだ さぶろう)は、1919年(大正8年)2月26日に生まれ、1980年(昭和55年)1月8日)に死去した、日本の詩人。

 

詩作品は、しばしば楽曲化されることが多く、クラシックやフォーク系の作曲家によって、曲がつけられ、CD化もされている(後藤悦治郎「紙風船」、高田渡「夕暮れ」、小室等「苦業」)。