風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

「一同に会する」「一堂に介する」は間違いで「一堂に会する」が正しい日本語。

たくさんの人が同じ目的で、ひとところに集まる、という意味の言葉である「いちどうにかいする」を、正しい漢字で書けますか?

正解は「一堂に会する」です。

しかし、「一同に会する」、あるいは「一堂に介する」と間違えてしまう人もおられるのではないでしょうか。

では、どうしたらこのような誤用をしないですむかについて、お伝えすることにしますね。

やはり、言葉の意味を正確に理解することが必要となります。

一堂」は「一つの建物」のことで、場所を示す言葉です。

一同」は「そこにいる人たち全部」「仲間全員」という意味。

「一堂に会する」は、不特定多数の人たちが定かな目的もなしに集まっている時には使いません。この点は注意すべきです。

一堂に介する」は「一堂に会する」の誤記。「会する」は「集まる」という意味でり、「介する」は「仲立ちする」といった意味です。

いかがでしょうか。一つひとつの言葉の意味を正確に覚えれば、誤用は避けられることがおわかりかと存じます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ