重複」の正しい読み方は?

 

現在は、「ちょうふく」でも「じゅうふく」でも、どちらでも間違いではないとされています。そのため、どちらの読み方も、辞書に明記されいるのです。

 

しかし、「じゅうふく」はあくまで慣用読みとして認知されているにすぎません。もともとは「ちょうふく」が正しい読み方とされていたのです。

 

このことは、正しい日本語にこだわろうとする人は、知っておくべきでしょう。

 

「重複(ちょうふく)」は同じ物事が二度以上重なるという意味の言葉。

 

では、どうして以前は間違いとされていた「じゅうふく」が認知されるようになったのでしょうか?

 

その理由は容易に想像できますよね。そもそも「重」という字は「じゅう」と読みことが圧倒的に多いのです。

 

「重」を「じゅう」と読む熟語

 

「体重」「重量」「重力」「重圧」「重役」「重心」「重厚」「厳重」「重病」「重罪」「重婚」

 

 

一方、「重」を「ちょう」と読みことは、多くはありません。

 

「重」を「ちょう」と読む熟語

 

「貴重」「重宝」「軽重」「自重」

 

 

ふだんから「重」という字を「じゅう」と読むことが多いため、「重複」も「じゅうふく」と読むようになり、それが広く社会に受け入れられ、正しい読み方として認知されるに至ったのです。

 

「平成15年度・国語に関する世論調査」では、「重複」の読み調査したところ、「ちょうふく」と読んだ人が20.0%、「じゅうふく」と読んだ人が76.1%という結果が出ています。

 

もはや、どちらでも良さそうですが、私としては「ちょうふく」と読む方に品格らしきものを感じるので、これかも「重複」を「ちょうふく」と読み続けるつもりです。

(Visited 141 times, 1 visits today)