美しい日本語(言葉)

蝉時雨(せみしぐれ)は泣けるほど美しい日本語

夏まっさかりですね。この季節になると、美しいひとつの日本語が感じられるようになります。

それは「蝉時雨せみしぐれ)」。

大辞林は以下のように「蝉時雨」を説明しています。

たくさんの蝉が鳴いているさまを時雨の降る音にたとえていう語。[季]夏。

「時雨」は同じく大辞林によれば「初冬の頃、一時、風が強まり、急にぱらぱらと降ってはやみ、数時間で通り過ぎてゆく雨」となっています。

この数日間、晴れた日がつづいているせいか、朝、この「蝉時雨」で目が覚めます。

「ああ、今日も暑くなるんだなぁ~」と思って、少し憂鬱になる時もあります。ただ、ときどき「蝉時雨」という言葉は、美しい日本語のベスト10に入れても良いのではないかと感じることがありまして、今日はその「感じ」について、書き記してみたいのです。

「蝉時雨」は言うまでもなく、音を感じられる言葉であります。実はこの「音」こそ、貴重なのです。どうしてかと申しますと、現代社会において、人間が最も失った貴重なことのひとつが、この「音」にほかなりません。

私が住んでいるの地域は、都会といえるほど繁華なところではありません。どちからというと、田舎というべきでしょう。この街に住んでいて、日々の暮らしの中で、聞こえる音はといえば、正直、ロクなものはありません。

スマホの着信音、換気扇、エアコンのファン、自動車のエンジン音、トイレの音、パソコンの電子音、ひげそり、ジューサー、冷蔵庫など家電の音……。テレビやラジオから心地よい音楽が流れてくることはほとんどないので、楽曲を選んでCDで聴くくらいしか、自分の好きな「音」を聴けません。

ところが、昔はどうだったか? 戦時中は空襲があり、怖い音があったでしょう。

しかし、虫の鳴き声、母親の子守唄、豆腐屋のチャルメラの音、さお竹屋の呼び声、紙芝居のおじさんの打つ拍子木の音、子供たちの素朴な遊び声、おばあさんの人なつこい方言、森をぬける風の音、木の葉のざわめき、通り雨の音……などなど、本当に私たちの暮らしは「音の宝庫」の中で息づいていたのです。

例えば「小川のせせらぎ」と「水道水が流れる音」を比較すべれ、その「音」の質の良し悪しは明白でしょう。

そうした「失われてしまった音の風景」を取り戻さないかぎり、都会生活のストレスから、逃れるすべはないのではないかと思う時があります。

そこで、今回ご紹介している「蝉時雨(せみしぐれ)」という言葉。かなり激しい音にもかかわらず、うっとうしいとは感じません。それは、この日本語にある風情が、涼しげな感覚を呼び覚ましてくれているからではないでしょうか。

蝉時雨は激しい音ですが、自然な音であり、決して電子音ではない、ここが大きいと思います。

例えば「蛙の大合唱」という表現がありますが、それになぞらえて「蝉の大合唱」としたら、微妙な情緒は味わえません。

「蝉時雨」というと、音が降ってくる、その視覚的な光景さえ想い浮かべられます。また、夏の苛烈なまでの暑さを、皮膚感覚としてとらえられ、音の雨に打たれている感じさえしてくるのです。

蝉の鳴き声を「蝉時雨」と表現することで、音だけでなく、映像が浮かび、体全体で感じとれる。しかも、そこには風情があり、微妙なニュアンスがあり、趣きがあるのです。

「蝉時雨」に耳を傾けてていると、じんわりと涙がにじんでくるのを覚える時があります。短い命を燃やしている蝉を想ってなのか、すでに「夏の終わり」を予感しているからなのか、それは判然としません。

ただ「蝉時雨」という日本語は美しいと感じます。美しいものは、それだけで泣けるほど哀しいものかもしれませんね。

厳しく、長い夏ですが、せめて「蝉時雨」を味わうことで、気持ちを和らげたいと思っています。

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • モリシタ ヒロコ
    • 2019年 12月 29日

    蝉しぐれ。懐かしい言葉です。またまた、私事。
    英会話、英文タイプライターを、習得している時。
    友人から、北海にいかないか?と言う、誘いが有りました。
    課題は、可なり頑張ってクリアしていました。

    その手のコネクションから、航空券購入。

    準備は整い、北海道に。
    然し、キャリアがストライキ突入。他の、キャリアには変更出来ないチケットの為に、行き先変更で山形に。
    友人の、実家にお世話になる事になりましまございました。

    誘われるまま、立石寺に行きました。
    有名な石が有りました。私は、友人から石について質問されましたが、なんせ頭で学習しているので、馬鹿に戯れました。

    友人の、テリトリーはとても広い。
    観光化されない、立石寺にとてつもない安らぎを
    覚えました。蝉はないている時期ではない。

    石の横に座って、蝉がないていたら更に次元の
    違った感覚でいた事でしょう。
    座って話す言葉は、少ないけれどどれだけ友人を
    贅沢な環境に、居るかを思い知らされました。

    出羽三山、立石寺、精米したての白米。
    ずんだ餅、とれたてのグリーン アスパラガス。
    アスパラガスは、庭に生えておりました (不思議な感覚)

    いかに自分が、自然の味 香り 天候等で頭デッカちを、痛感しました。
    友人に色々質問しましまが、基本的な事が解っていない。と言う事で、一蹴されました。

    考えた末、仏教寺院の感覚は鋭敏です。

    ちなみに、グリーン アスパラガスを食べられる
    様になりました。

    友人は、白米とお漬物があればおかずはいらない。口癖のようでした。その言葉が、さっぱりと
    意味不明で、消化できないままでした。

    行ってみて、食べでみて、味わい、散策して新
    発見。体感です。
    おばあちゃんは、和顔愛語。
    然しながら、海外か?
    山形の方言は、さっぱり理解出来ませんでした。
    友人が、通訳で笑うところで、笑えませんでした。

    音について、書かれていた事は子供の頃に戻る
    音です。

    日本語も、音で表現する場合がよくあると思います。

    じっくり しっくり ふーっ 。華が有る。英文辞書
    には、載ってない。正確に、訳せません。
    方言なども。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP