美しい日本語(言葉)

風花未来は「風花」という言葉に、新たな二つの意味を付与して暮らしています。

かなり前のことですが、「風花」という言葉をこのブログで取り上げたことがあります。

⇒風花(かざはな)を「美しい日本語」として選んだ理由。

「風花」は実に美しい日本語ですが、その意味を勘違いしている人も少なくありません。

「風花」の「花」は、植物の花ではないのです。

「風花」の「花」は、「雪」を指します。

三省堂の大辞林は「風花」を以下のように説明しています。

晴天にちらつく小雪片。降雪地から風に吹かれて飛来してくる小雪。

風の強い晴天の日に、風に運ばれてくる雪のことをを「風花」と呼ぶのです。

私は静岡県の浜松市の出身ですが、子供の頃、何回か「風花」を見たことがあります。

真っ青に澄んだ空に、雪が舞っている様は、はかなくも美しい光景です。

幼い時に、この「風花」を見たことが私の一生に大きな影響を与えていると、最近になって気づきました。

とにかく、「風花」という言葉が、理由もわからずに好きなのです。

そのため、私は自分のペンネームを「風花未来」とし、自分の電子書籍のほとんどに「風花」という名前をつけ、「風花シリーズ」と呼んでいるくらいですから。

現在の私は「風花」という言葉に、新たな二つの意味を付与して使っています。あるいは新たな二つの意味を込めて活動しているのです。

では、私が新たに付け加えた「風花」の二つの意味を、ご紹介しましょう。

私のハンドルネームの「風花未来」には次の意味が込められています。風花未来の「風」は幸運の風を呼び込むの「風」、「花」は自分らしい花を咲かせるの「花」、「未来」は「言葉の力で未来を変える」の「未来」です。

また、「風花」を「この世で最もかよわいもの、はかないものの象徴」としてとらえています。

私は「言葉」「詩」「文学」の復興を望んでいますが、それは「心の復興」ができなければ、かなわないでしょう。

「心のふるさと」を取り戻せないかぎり、「言葉」「詩」「文学」の復興はありえません。

「心の復興」ができなければ、未来の希望もつかめないのです。

私は、「風花」のように、かよわく、はかなく、そして美しいものを大切にする時、未来に光がともると思っています。

かよわく、はかなく、美しいもの、その代表の一つが「詩」であることは言うまでもありません。

私は「風花」という言葉に以上の3つの意味を込めて、一生、この美しい日本語を慈しみ続けることでしょう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP