未来永劫まで、読み継ぎ、語り継ぎたい日本の詩の名作100選を、現在セレクション中です。

 

ただ、なかなか時間がとれず、進まないのが現状。一人でも多くの方に、優れた詩を読んでいただきたいので、今回は暫定的に「語り継ぎたい日本の詩セレクション」を発表することにしました。

 

選定の条件は、すでに当ブログ「美しい言葉」にてレビューしている詩であり、当ブログで読める作品であることとなっております。

 

なお、超有名な作品より、ほとんど知られていない詩を上位に選びましたので、ご了承ください。

 

※順位は変動する場合がございます。

 

第1位)田辺利宏「水汲み」

 

第2位)大関松三郎「夕日」

 

第3位)ガタロさん「まどえ」

 

第4位)北川冬彦「雑草」

 

第5位)中野重治「機関車」

 

第6位)八木重吉「鞠とぶりきの独楽」

 

第7位)草野心平「春のうた」

 

第8位)高村光太郎「レモン哀歌」

 

第9位)中原中也「一つのメルヘン」

 

第10位)立原道造「のちのおもひに」

 

第11位)宮沢賢治「永訣の朝」