今回取り上げる山村暮鳥は「風景」と題される作品です。その一部を引用してみましょう。

 

 

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
かすかなるむぎぶえ
いちめんのなのはな

 

 

菜の花畑が視界いっぱいに広がっている風景が鮮明に想い浮かびますよね。

 

そして8行目の「かすかなるむぎぶえ」が実によく効いています。「いちめんのなのはな」は視覚に訴えてきますが、一方「かすかなるむぎぶえ」は聴覚を震わせ、風景への臨場感を強化してくれます。

 

この詩は、実は、次に2つの連があり、合計3連で構成されています。詩の題名ですが「風景」というメインタイトルに「純銀モザイク」というサブタイトルがついているのです。

 

この「純銀モザイク」という副題と、2連、3連は、意識する必要がない。というか、むしろ、あえて積極的に無視した方が、山村暮鳥「の風景」という詩に対する感動を純粋化できると私は考えています。

 

1連目だけ充分に感動できますし、イメージの広がりも、1連目だけの方がより大きいのです。

 

また、立原道造の詩「はじめてのものに」も、第一連だけで充分だと私は感じています。

 

⇒ささやかな地異は そのかたみに 灰を降らした~立原道造「はじめてのものに」より

 

詩のタイトルも「風景」ではなくて「いちめんのはなのは」と覚えておけば良いのではないでしょうか。

 

室生犀星の代表作である「ふるさとは遠きにありて思ふもの」で始まる詩も、「小景異情(その二)」という正式名称で覚えている人は少ないと思います。「ふるさとは遠きにありて」の詩と記憶しておいて何ら問題はありません。

 

⇒室生犀星の「ふるさとは遠きにありて思ふもの」にいてはこちらへ

 

同様に山村暮鳥の「風景」も「いちめんのなのはな」と覚えておけば充分であると、私は信じています。

 

といいつつも、「風景」の全文も引用しておきましょう。

 

 

風景
純銀モザイク

 

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
かすかなるむぎぶえ
いちめんのなのはな

 

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
ひばりのおしやべり
いちめんのなのはな

 

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
やめるはひるのつき
いちめんのなのはな。

 

インターネットの情報、また私が持っている詩に関する資料を全部読んだのですが、研究者の解釈が、2点おいて別れ、紛糾しているのです。

 

「純銀モザイク」という副題、また、3連目の8行目の「やめるはひるのつき」の意味と効果について、解説文は多くの文字を費やしています。

 

しかし、その解釈を読めば読むほど、最初に読んだ時の感動が色あせてゆくのでした。

 

正直、山村暮鳥は、詩のタイトルの付け方は、巧みではありません。むしろ、稚拙な面があると言わざるをえません。

 

ですから、「純銀モザイク」という言葉を深読みすると、袋小路に入りかねないと私は直感しました。「菜の花」は黄色であって、その黄色一色で充分。あえて「純銀モザイク」という言葉で複雑化する必要はないでしょう。

 

また「やめるはひるのつき」は、山村暮鳥が抱える「闇」の部分の象徴とも思えますが、そうした追加イメージ(絵画性、陽に対する陰のイメージ)は、この詩の作品レベルを上げるよりも、この詩全体のパワーを弱めてしまうと思います。

 

そのため、思い切って、2連、3練は無視し、1連だけを味わう方が、この詩に夾雑物が入らないし、冗長さも回避できるので、その感動を純粋化、永遠化しやすくなると私は結論づけたいのです。

 

もちろん、この考え方はあくまで私の主観であり、他人に強要できるものではないと承知はしているのですが……。