本当の優しさって、何だろう」と、1年のうち、何度か自問自答します。

 

そうした時に、必ず想い浮かぶ人物がいます。

 

それは、デッドマール・クラマーさんです。

 

デットマール・クラマーは「日本サッカーの父」

 

彼は東京オリンピックに出場する、日本のサッカー代表を強くするために、ドイツから招かれたコーチです。

 

彼のおかげで、サッカー日本代表は、急激に強くなり、東京五輪でベスト8入りをはたし、次のオリンピック、メキシコ大会では見事、銅メダルに輝きます。

 

日本に本格的なサッカーを最初に植え付けたことから「日本サッカーの父」と呼ばれています。

 

クラマーさんは、名言をたくさん残した人でもあります。

 

おのれの役割をまっとうした人間ほど美しいものはない

 

この言葉は、メキシコで3位決定戦を終えた日本チームをクラマーさんが見て、発した言葉だったと思います。選手全員が全力を出し尽くし、疲れ果て、倒れ込んでいたそうです。

 

サッカーに密着して解説するなら、「選手1人ひとりが各ポジションという役割を全力で果たした姿は美しい」ということになります。

 

しかし、現在では、しばしば、自分の好きなことに打ち込んでいる人たちを、賞賛する時の言葉として使われているんですね。

 

かなり前のことですが、正月の高校サッカーの放送中に、このクラマーさんの言葉は紹介されたのですが、なんて素晴らしい言葉なんだろうと感じ入りました。

 

現実はどうでしょう。

 

ほとんどの人が、自分の役割さえ見つけられないで悩んでいます。

 

役割とは「運命」という言葉に置き換えても良いでしょう。

 

自分の天職を見つけられた人は幸運としかいいようがありません。

 

急に自分の宿命のような職が見つかることは稀です。

 

だから、まずは、何か、今、熱中できるものを見つけ、没頭することから私も始めようと思っています。

 

東京でサッカーライターの修行をしている時、1人のサッカーマニアの方が、古い雑誌からコピーをわざわざとってくれて、クラマーさんの名言集をつくってくれ、それを贈ってくれました。

そのファイルは、今でも、私の宝物です。

 

そのクラマーさんが、90歳でお亡くなりになりました。

 

クラマーさんから学ぶ「本当の優しさ」

 

クラマーさんというコーチは怖ろしく厳しい人でした。あの世界的なストライカーである釜本選手も震え上がったほどの鬼コーチです。

 

練習試合でふがいないプレーしかできなかった選手たちに「君たちに大和魂はあるのか」と叱咤という話は有名です。

 

しかし、一方で、こんなエピソードがあります。

 

深夜、選手たちが寝静まった頃、クラマーさんは部屋に入ってきて、選手1人ひとりの毛布をかけなおして行ったそうです。

 

そんなことまでしてくれるコーチって、いるでしょうか。

 

もう、おわかりですよね。

 

クラマーさんの厳しさは、深い愛情に裏打ちされたもの、つまり、本当の優しさだったのです。

 

ホテルを予約したサッカー協会に断りをいれ、選手と同じ宿舎に寝泊まりし、味噌汁と納豆の朝食を選手とともに食べたという話を知った時、本当に愛情あふれた人なのだなあと感動しました。

 

最後に、クラマーさんが、自分の部屋に貼っていたという言葉をご紹介しましょう。松本育夫氏は、ゲーテかシラーの詩の写しではないかと語っておられます。

 

ものを見るのは目ではなく

心で見ろ

ものを聴くのは耳ではなく

心で聴け

目それ自体は物を見るだけであり

耳それ自体は物音を聞くだけである

 

この言葉も私は好きで、時々思い出しては、自分を戒めています。