学生時代に傾倒したにもかかわらず、その後ほとんど読まなくなってしまった詩人がいます。三好達治(1900年~ 1964年)です。

 

ご存じでしょうか? 最近の教科書には、三好達治の詩は載っていないかもしれませんね。載らなくなっているとしたら、少し寂しい気もします。

 

今回、怖ろしく久しぶりに三好達治の詩集を本棚の隅から引っ張り出してみたのですが、これがなかなか良いのですね。

 

三好達治の代表作、というか、多くの人に知られている詩の一つに「乳母車」があります。

 

全文を引用しようと思ったのですが、以下の4行だけを読んだ方が、より純粋で広がりのある世界を想像できると感じたので、4行だけを引用することに。

 

以下、三好達治の「乳母車」からの抜粋です。

 

淡くかなしきもののふるなり

紫陽花いろのもののふるなり

はてしなき並樹のかげを

そうそうと風のふくなり

 

 

いかがでしょうか?

 

三好達治ほど、抒情詩という言葉が似合う詩人はいませんね。その抒情詩人である三好達治の詩世界を、これほどまでに、象徴的に美しく表現している言葉の連なりは、上の4行をおいてはないのではと思うくらいです。

 

他にも、忘れがたい名作がありますので、機会をあらためてご紹介いたします。

 

(追記)

 

しかし、やはり、全文を読みたい、という方もおられるでしょうから、以下、「乳母車」の全文を引用いたします。

 

 

乳母車

 

母よ――

淡くかなしきもののふるなり

紫陽花(あじさい)いろのもののふるなり

はてしなき並樹のかげを

そうそうと風のふくなり

 

時はたそがれ

母よ 私の乳母車(うばぐるま)を押せ

泣きぬれる夕陽にむかって

轔轔(りんりん)と私の乳母車を押せ

 

赤い総(ふさ)のある天鵞絨(びろうど)の帽子を

つめたき額にかむらせよ

旅いそぐ鳥の列にも

季節は空を渡るなり

 

淡くかなしきもののふる

紫陽花いろのもののふる道
母よ 私は知っている

この道は遠く遠くはてしない道