風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

文章の書き方の基本ルールをまとめました。

これまで文章の基本ルールについて、シリーズでお伝えしてきました。今回は、それらの記事をまとめてみましたので、ご活用ください。

 「体言止め」の長所と短所をまとめました。

1つの文中で同じ言葉は使わない。

一文は60字以内にまとめる。

文末に変化を付ける(同じ文末表現は続けない)

文末の余計な言葉を省いて、簡潔な表現にする。

文は受動態ではなく、能動態で書くように心がける。

「!」は使わないように心がける。

主語と述語は離し過ぎない。

「~が、」を連続して使わない。

「れ入れ」言葉(表現)に注意

表記の統一

文末の「……」は控える

「さ入れ表現」と「二重敬語」に注意

「です・ます」調と「だ・である」調の使い方

「だ・である」調と「です・ます」調を混在させる方法

ら抜き表現(言葉)と可能動詞

接続詞はなるべく使わない

カタカナ語の使い方に注意

「の」を3回以上一文の中に書かない。

二重表現に気をつける

「 」と『 』の使い方ルール

修飾語は被修飾語のすぐ近くに書くべき。

漢字と平仮名(ひらがな)を正しく使い分ける方法

「・」ナカグロの使い方

環境依存文字(機種依存文字)は文字化けの原因に

熟語を動詞として使わないことで文章をやわらかくする。

「~こと」「~という」はなるべく使わない。

以上のことを意識しながら、過去記事を校正されますと、かなり上達すると思われます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. 正しい文章を書けるようになりたくて来ました。
    私の書く文章はおかしいのでしょうか?判断してください。句読点の使い方や助詞の使い方など間違ってないチェックしてください。間違っていた場合は指摘してください。お願いします。
    例文その1
    早稲田に受かるどうかは貴方次第。まだ1年もあるから焦る必要はない。国語の勉強はアドバイスできんが、世界史ならアドバイスします。世界史のおすすめな参考書と問題集は山川出版社の教科書と2018年入試 ベストセレクション センター試験 世界史B重要問題集、センターの過去問です。資料集や用語集はあったことにこしたことはありません。まずは教科書を読んである程度覚えたら問題集を解く、その問題集を完璧にしたらセンター試験を受けるならセンターの過去問を8割以上取れるまで解く。8割以上取れたら北大と九大の過去問を解く、それがある程度できるようになったら志望校の過去問を解く。志望校の過去問は大体10年~20年分くらい解いた方がいいです。

    例文その2
    答えをただ漠然と覚えているのと答えを体系的に理解して覚えているので全然違います。なので、分からなかった問題を何度も繰り返しやることは意味のない行為ではありません。ただしできるものを何回もやるのは時間の無駄です。その場合いならい貴方の言う通り他の事をしたほうがいいと思います。

    その3
    やっても結果が出ないのは仕方がない。兎に角今時期のは過去問を解くことが一番いい。だめだったら浪人すればいい。

    その4
    伸びしろがあるかは知らん、伸びるかどうかは貴方次第。落ちたら浪人すればいい。

    その5
    おすすめのは秘伝の物理講義(力学・波動)と秘伝の物理講義(電磁気・熱・原子)、秘伝の物理問題集[力学・熱・波動・電磁気・原子] 、 秘伝の物理問題集High[力学・熱・波動・電磁気・原子] がおすすめ。動画で無料で解説してくれるので独学に打って付け。あとエッセンスは割と物理が出来る人向けなので苦手ならやめておいてほうがいいです。

    その6
    国語力は絶対につけたほうがいいけど、それと人間関係が上手くなるは多分、関係性はないと思う。

    その7
    結論からいってそんなのない。地味にやるしかないです。人にやる気が出る方法とかを聞いている時点で自分は勉強する気がないと自覚したほうがいいです。実際に自分もどうしたら勉強とかをはじめ物事にやる気を出す方法を考えた時期がありましたが、結果自分で地道にやるしかないという結論に至りました。それだけです。確かにモチベーションをあげるとかは存在するかもしれません、しかしそれは人によって違います。貴方のことを知らないので、こうすればモチベーションが上がるなどは答えることが出来ません。せいぜい自分の体験くらいでしょうか?裏技とかそんな都合のいいものは存在しません。自分の努力と気持ち次第です。ただ少しでもやる気が出るきっかけくらいなら教えられるかもしれません。
    なぜ貴方は勉強をしたいもしくはしようと思うのですか?その理由や目的などを自分なりに考えてみて下さい。そうしたら少しは嫌な勉強もやる気になるかもしれませんよ。

    その8
    ひたすら過去問をやり込む。問題解いたあと間違った問題をよく見直す。なぜ、間違ったのかと分析し、正解の理由をよく考えること。復習も大事。

    その9(これが問題の文章)
    なるほど、そうかい。サイトは貴方宛てではないから、汚くてもいいが。私の場合はいわゆる言いぶりが汚く、貴方宛てだから汚くて不快だと。
    でもあのサイトに人は有能でもなぜ汚い言葉をあえて使っているのか気になりませんか?

    その10(これも問題の文章)
    確かに今回は論点をずらしました。また句読点の使い方がおかしいのもそうかもしれません。なのでよろしければ句読点の使い方をご指導していいただけないでしょうか?
    ただ貴方は人を少し馬鹿にする癖は止めた方がいいですよ。別に私は馬鹿されようがどうでもいいのですが。
    補足
    誤字脱字や使い方が間違っている言葉があったら教えてください。具体的にどこがおかしい文章なのか指摘し、添削した頂けると助かります。またどうのようにすればいい文章を書けるのか教えて頂けると助かります。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ