風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

「れ入れ」言葉(表現)に注意

以前、「さ入れ表現」と「二重敬語」に注意という記事を書いたことがあります。間違いやすい日本語の中には、その他には「ら抜き」言葉(表現)があります。それと、「れ入れ」言葉(表現)も、あまり話題にはなりませんが、間違えて使っている人が意外と多いのです。

簡単に、「ら抜き」言葉と「さ入れ」言葉について復習してみましょう。

「ら抜き」言葉。可能の意味の「~られる」の「ら」が抜け落ちた間違い。

×食べれないものはありますか。

食べられないものはありますか。

「さ入れ」言葉。使役の意味の「~せていただく」に、不要な「さ」が入る間違い。

×土曜日は、休まさせていただきます。

○土曜日は、休ませていただきます。

では次に、「さ入れ」言葉(表現)について、ご説明します。

「れ入れ」言葉。「行ける」「書ける」などの可能の動詞に、不要な「れ」が入る間違いです。

×小学生でも、書けれますよ。

○小学生でも、書けますよ。

いかがでしょうか。ドキッとした人も、いらっしゃるのでは?

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ