金子みすゞの「このみち」というをご紹介します。

 

このみち

 

このみちのさきには、

大きな森があろうよ。

ひとりぼっちの榎(えのき)よ、

このみちをゆこうよ。

 

このみちのさきには、

大きな海があろうよ。

蓮池(はすいけ)のかえろよ、

このみちをゆこうよ。

 

このみちのさきには、

大きな都があろうよ。

さびしそうな案山子(かかし)よ、

このみちをゆこうよ。

 

このみちのさきには、

なにかなにかあろうよ。

みんなでみんなで行こうよ、

このみちをゆこうよ。

 

【注釈】二連目の「かえろ」は、蛙のこと。

 

童話や童謡の世界では、直物や動物が、人と同じような感情を持ち、泣いたり笑ったりすることは珍しくありません。

 

あの有名なミュージカルにもなった「オズの魔法使い」には、ドロシーという名の少女のほかに、子犬、案山子、ブリキの木こり、ライオン、魔女、オズの魔法使いなどが登場します。

 

金子みすゞの詩「このみち」には、「榎」「かえろ」「案山子」が登場。

 

それらは、あたかも、人と同じような感情を持っていて、ミュージカルに登場するキャラクターのように動き回れそうに描かれています。

 

「このみち」に出てくるキャラクターは、孤独だったり、広い世界を知らなかったり、寂しそうだったりするのですが、金子みすゞは、次のように励まします。

 

このみちのさきには、

なにかなにかあろうよ。

みんなでみんなで行こうよ、

このみちをゆこうよ。

 

テーマは「未来の希望」に向かって「旅立つ」ための「勇気」ですね。

 

簡明な表現の中に、人生の辛苦を知った者の限りない優しさと、愛情が込められていて、明るく前向きな気持ちになれました。

 

「このみち」は、私たちにとっては「励ましの歌」ですが、金子みすゞにとっては「祈りの詩」なのだと直感したのは私だけでしょうか。

 

童話(童謡)でしか表現できない世界、このメルヘンの国こそが、金子みすゞ自身の魂が棲み得た唯一の世界だったのだと思います。

(Visited 363 times, 1 visits today)