間違えやすい日本語

「耳障りがいい」は間違いで「耳触りがいい」など、他の表現に置き換えるべき。

最近、「耳ざわりがいい」、あるいは「耳ざわりのいい」という言葉をよく耳にします。この「耳ざわりがいい」を「耳障りがいい」と書いたら誤りで「耳触りがいい」と書くべきです。

「耳障り」は「聞いていて不愉快に感じること、聞いていて不愉快に思う物事」を意味し、「耳触り」は「聞いた感じ、聞いた時に受ける印象」などを意味するから。

「耳触り」と同じ意味の言葉に「耳当たり」があるのです。しかし、「~当たり」という表現では「口当たりがいい」の方をひんぱんに使います。

三省堂の大辞林は「口当たり」という言葉の意味を以下のように説明しています。

くちあたり【口当(た)り】
食べ物や飲み物を口に入れたときの感じ。舌ざわり。

確かに「耳当たりがいい」というよりも「耳触りがいい」といった方がしゃべりやすいし、意味もわかりやすいですね。

これでは、さまざまな辞書が「耳触り」という言葉を掲載しだしたのも当然かもしれません。

しかしながら、「耳触りがいい」「耳触りのいい」という表現には違和感を覚える人も多いでしょうね。

Weblio類語辞書は「耳ざわりのいい」の類義語を以下のようにあげています。

「耳ざわりのいい」の類義語

耳触りのいい ・ 耳ざわりのいい ・ 耳に心地いい ・ 聞こえのいい ・ 聞こえの良い ・ 聞こえが良い ・ 聞こえがいい ・ 耳触りのよい ・ 耳ざわりのよい ・ お為ごかしの ・ 尤もらしい

上の中では「聞こえのいい」「聞こえがいい」、あるいは「耳に心地いい」が使いやすいと私は感じました。

でも、上には出てこないのですが、個人的には「聞いた感じがいい」とストレートに表現した方がわかりやすいと思うのですが、いかがでしょうか。

「寝心地がいい」という表現がありますが、それならば「聞き心地がいい」という言い方も許されるかもと思ったので、付け加えておきますね。

「~心地」でよく使われる表現は、以下のとおりです。

寝心地  居心地  着心地  座り心地  乗り心地

「聞き心地」は私が使っている辞書には載っていませんでした。Webで検索しますとヒットするのですが……。

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 通行人A
    • 2019年 6月 24日

    「手触り」や「肌触り」の「触り」は、その文字が示す通り、五感のうちの「触覚」に関するものあり、「手」や「肌」も「触覚」に関するものです。

    一方、「耳触り」というのは、「触覚」に関する「触り」を「聴覚」に関する「耳」に付けたものになります。

    このため、「耳触り」という文字を見た場合には、脳は「?」となってしまいますし、また、音(音声)として聞いた場合には「耳障り」と理解されるため、その後に「いい」が続くと脳は混乱してしまいます。

    この辺が違和感の原因です。

    —–

    なお、「舌触り」は、舌の「味覚」に関する表現ではなく、舌の「触覚」に関する表現であるため、問題はありません。

    つまり、耳で何かを触った時の感触、つまり耳の「触覚」について述べるのであれば「耳触り」と表現しても問題はないのですが、耳で聞いた時の感触、つまり耳の「聴覚」について述べるので問題になるのです。
    (まあ、もっとも、自らすすんで耳で何かを触るという行為自体、普通はありえませんが。笑)

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP