風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

CATEGORY間違えやすい日本語

間違いやすい慣用句・用語

今回は、誤用しがちな慣用句を集めてみました。 ×が間違い、〇が正しい使い方です。 ×明るみになった 〇明るみに出た ×足元をすくう 〇足をすくう ×否応なしに 〇いや応なしに ×おぜん立てを揃える 〇おぜん立てをす…

「重複」の正しい読み方は「じゅうふく」か「ちょうふく」か。

「重複」の正しい読み方は? 現在は、「ちょうふく」でも「じゅうふく」でも、どちらでも間違いではないとされています。そのため、どちらの読み方も、辞書に明記されいるのです。 しかし、「じゅうふく」はあくまで慣用読みとして認知されてい…

「黒白をつける」と「白黒をつける」の正しい読み方は?

「黒白をつける」の「黒白」は「こくびゃく」と読みます。「黒白(こくびゃく)をつける」は「物事の正邪・善悪・是非をはっきりさせる」という意味の言葉です。 これと同じ意味で使われる言葉に「黒白(こくびゃく)を争う」があります。 要す…

「大地震」の正しい読み方は「おおじしん」か、それとも「だいじしん」か?

地震の多い日本に住んでいると、常に「大地震」と隣り合わせの日々を送らなければなりません。 ところで、この場合の「大地震」は「おおじしん」と読むべきか、それとも「だいじしん」と読むべきか? あなたは正確に答えられますか。 まずは、…

「青空の下」の「下」は「した」と読むのは間違いで「もと」が正しい?

「青空の下、私は芝生の上に横たわり、爽やかな気分で、真っ白な雲が流れる様を見つめていた」というふうに「青空の下」という表現はしばしば見かけますよね。 では、この場合の「青空の下」の「下」は「した」と読むのが正しいのでしょうか、それとも…

「笑顔がこぼれる」は誤用で「笑みがこぼれる」が正しい表現です。

人の笑顔に関する表現はいろいろありますよね。 その中で思わず言ってしまいがちなのが「笑顔がこぼれる」という表現。 「笑顔がこぼれる」は誤用です。正しくは「笑みがこぼれる」と言います。 しかし、冷静に「笑顔がこぼれる」という…

「汚名を晴らす」と「雪辱を晴らす」は間違い。正しくは「汚名をそそぐ」「雪辱を果たす」。

日本語には「誤りやすい慣用語句」がたくさんあります。中でも、「雪辱を晴らす」「汚名を晴らす」というふうに「晴らす」と組み合わせて使う慣用句を間違って使ってしまうことが多いのです。 ■雪辱を晴らす 「雪辱を晴らす」は間違いで、正しくは「雪…

「泥じあい」を「泥試合」と書くのは間違いで「泥仕合」が正しい。

「泥じあい」を大辞林ででは、以下のように説明しています。 どろ じあい【泥仕合】 1)〔泥にまみれて争うことから〕 互いに相手の欠点・失敗・秘密などを言い立てて非難しあう醜い争い。 「 -を演ずる」 2)歌舞伎で,舞台に泥田を作り…

「きもいり」は「肝煎り」と書くのが正しくて「肝入り」は間違い。

「会社の上司の肝煎りで2人はついに結婚することになった」 このように「肝煎り」とは、人の間に入っていろいろと世話をしたりして、間をまとめるために骨を折ること、あるいは人を指す言葉。 「肝入り」と書いてしまう人が多いのですが、これ…

「折角(せっかく)」の由来を知ろう。「切角」は誤りで、正しいのは「折角」。

「せっかくお会いできたのに、ほんの少ししか時間がさけなくて申し訳ありません」 この「せっかく」を「切角」と書くのは間違いです。正しくは「折角」と書きます。 「せっかく」は、そのことに充分に努力を払ったり、期待したりしていた気持ち…

さらに記事を表示する

アーカイブ