あいにく」も間違えやすい日本語のひとつなので、しっかり覚えましょう。

 

「天気予報は晴れだったのに、運動会の当日は、あいにく雨になった」

 

この場合の「あいにく」を感じに直すと、正解は?

 

生憎」が正しい答えです。

 

相憎」と間違えないように注意しましょう。

 

パソコンの変換では間違わないと思うのですが、手書きの時は、正しく書けない人も多いと思われます。

 

そもそも「生」を通常は「あい」とは読まないので、「あいにく」の「あい」を「生」とは書きにくいわけです。

 

では、以下で、「生憎」の意味と語源についてご説明しましょう。

 

三省堂の大辞林は「生憎」について以下のように解説しています。

 

期待や目的にそわない状況になって、都合が悪く残念なさま。自分の場合にも、相手の気持ちを思いやる場合にも用いる。

 

「ああ、憎らしい」と悔しがっていう言葉「あや(ああ)憎し」が「あやにく」となり、さらに「あいにく」と変化したのが「生憎」といわれています。

 

ただ、「あや」あるいは「あい」の部分に、なぜ「生」の字をあてたのかは、よくわかっていません。

 

しかし、「相憎」と書くのは、明らかに誤用なので、間違えないようにしましょう。

 

「相」は、普段から「あい」と読むので、間違いやすいですよね。

(Visited 50 times, 1 visits today)