今回は谷川俊太郎の「かなしみ」という詩をご紹介。

 

かなしみ

 

あの青い空の波の音が聞こえるあたりに

何かとんでもないおとし物を

僕はしてきてしまったらしい

 

透明な過去の駅で

遺失物係の前に立ったら

僕は余計に悲しくなってしまった

 

私が提唱する「詩心回帰」。そこでは、詩心の役割についてもご説明しています。

 

忘れかけていた(忘れてしまっていた)大切なことを想い出すこと。

 

本当の自分に再会すること。本来なりたかった自分になるために必要なことに、気づき、それを取り戻すこと。

 

それらを、物も見事に、やわらかな言葉で表現しているのが、谷川俊太郎の「かなしみ」です。

 

極めて大事なことを、忘れていないと生きられない、それが人生だとしたら、あまりに悲しい。

 

だから、谷川俊太郎は、この詩のタイトルを「かなしみ」としたのでしょうか。