風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

近々両方メガネをやめて、単焦点の読書用メガネに換えた理由とは?

昨日、眼鏡市場に行って、読書用メガネを注文してきました。8日後に出来上がるそうです。

これまで、読書する時は近々両用メガネを使っていました。その理由は、ノートパソコン用として近々両用メガネを買ったからです。

単焦点レンズで読書する時だけ使うメガネを作りたいと、以前、眼鏡市場で相談しました。しかし、その時は、ノートパソコンを使うのであれば、近々両用メガネの方が使いやすいとアドバイスされたのです。

しかし、最近、ノートパソコンを断捨離しまして、読書の時間を増やしたのですが、近々両用メガネではやはり目が疲れます。そこで、再び眼鏡市場に行って、読書用メガネを注文した次第です。

読書用メガネとは、単焦点レンズで、読書する時に最も読みやすいように度数を合わせて作るメガネのこと。

単焦点レンズの良いところは、近々両用、中近両用、遠近両用と違って、本の文字にピントが合う範囲が広いことです。

視界が広いため、目が疲れにくいことは間違いありません。

ノートパソコンの断捨離によって、近視用メガネ(単焦点レンズを使用)、中近両用メガネ(デスクトップ型パソコンの作業用)、読書用メガネ(単焦点レンズを使用)という3つの眼鏡を使い分ける生活に変わりました。

パソコン作業用と読書用で、メガネを分けたことに意味があると思います。

これで、眼精疲労の度合いが弱まることを期待しているのです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ