雨ニモマケズ」という詩の全文を暗唱している方はおられるでしょうか?

 

私の場合は、途中でつまってしまいました(苦笑)。

 

もちろん、「雨ニモマケズ」は、宮沢賢治の最も有名なです。

 

今回、改めて全文を読んでみて、新鮮な発見があり、えるものが大きかったのですね。

 

そこで、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の全文を、引用してみますね。

 

 

雨ニモマケズ

風ニモマケズ

雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

丈夫ナカラダヲモチ

慾ハナク

決シテ瞋(いか)ラズ

イツモシヅカニワラッテヰル

一日ニ玄米四合ト

味噌ト少シノ野菜ヲタベ

アラユルコトヲ

ジブンヲカンジョウニ入レズニ

ヨクミキキシワカリ

ソシテワスレズ

野原ノ松ノ林ノ蔭ノ

小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ

東ニ病気ノコドモアレバ

行ッテ看病シテヤリ

西ニツカレタ母アレバ

行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ

南ニ死ニサウナ人アレバ

行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ

北ニケンクヮヤソショウガアレバ

ツマラナイカラヤメロトイヒ

ヒドリノトキハナミダヲナガシ

サムサノナツハオロオロアルキ

ミンナニデクノボートヨバレ

ホメラレモセズ

クニモサレズ

サウイフモノニ

ワタシハナリタイ

 

 

この詩編は、実は詩として独立して書かれたわけではなく、闘病中の手帳に記されていたという話を聞いたことがあります。編者が後に、詩集に加えたらしいのです。

 

詩として書こうとしなかったから、これほどまでに、素直に、自分の生活の指針のようなものを無理なくまとめられたのかもしれませんね。

 

それはともかく、何という言葉の力でしょうか。その純粋な強さに、あらためて驚嘆せざるをえません。

 

ここには表現テクニックというものは全くありません。そういう技巧をあえて排し、いえ自然と消えたところに、宮沢賢治の魂が、蓮の花のように浮き上がってきた、そんなふうに感じるのです。

 

ところで、この「雨ニモマケズ」はカタカナが多いために、読みづらいと感じた人も多いのではないでしょうか。

 

と同時に、いやいや、この詩はカタカナをひらがなに変えたら、詩の価値が下がると思った人もおられるでしょう。

 

では、実際に以下で、カタカナをひらがなに変換してみましょう。

 

雨にも負けず 風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けない

丈夫な体を持ち

欲はなく 決して怒らず

いつも静かに笑っている

1日に玄米4合と味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを自分を勘定に入れず

よく見聞きし 分かり そして忘れない

野原の林の下のかげの

小さなかやぶきの小屋にいて

東に病気の子供がいれば

行って看病してやり

西に疲れた母がいれば

行ってその稲の束を背負い

南に死にそうな人がいれば

行って怖がらなくてもよいと言い

北に喧嘩や訴訟があれば

つまらないからやめろと言い

日照りのときは涙を流し

寒さの夏はおろおろ歩き

皆にデクノボーと呼ばれ

ほめられもせず 苦にもされず

そういうものに 私はなりたい

 

いかがでしょうか。

 

私としては、カタカナの方がしっくりきます。

 

というか、文学的な価値という観点からも、カタカナでなくてはいけなと思うのですね。

 

なぜか?

 

カタカナですと、非日常を現出できる、また、特別であることを強調できから。

 

ひらがなでは、普通の日常のままであり、スペシャリティを表出できないのです。

 

有名な芥川龍之介のラブレターも、カタカナでなければ、恋文の傑作と評価されないことがわかりますよね。

 

⇒芥川龍之介のラブレターは手紙の名作