かたいじをはる」と「かたひじをはる」という二つの日本語の意味を正しく理解し、正しく使い分けている人は少ないのではないでしょうか。

 

片意地を張る(かたいじをはる)

 

まずは「かたいじをはる」ですが、この言葉は非常に間違えやすい日本なのです。

 

頑固に自分の考えを押し通す」という意味の言葉。「意固地になっている」「むきになっている」というニュアンスが含まれます。

 

また「怒りの気持ち」も入っており、「へそを曲げる」「つむじを曲げる」という言葉にも通じる意味があるのです。

 

では、正確に漢字をまじえて書けるかどうか?

 

正解は「片意地を張る」です。

 

しかし、「固意地を張る」、また「方意地を張る」と間違えて書いてしまう人が少なくありません。

 

「方意地を張る」はパソコンの誤変換である場合が多いでしょうけれども、「固意地を張る」は「頑固」「頭が固い」という言葉から連想して、ついつい使ってしまいがちです。

 

「片」は他の語の頭について、一方に片寄るという意味をあらわします。

 

ですから、片寄った意地という意味で「片意地」と書くのが正しいのです。

 

肩肘を張る(かたひじをはる)

 

一方、似た言葉に「かたひじをはる」があり、「肩肘を張る」と書きます。「肩肘張る(かたひじはる)」とも使います。

 

「肩肘を張る」は無理に肩ひじを高くして身構えるところか、気負う、威張るなど、堅苦しく、緊張し過ぎている態度を指す言葉です。

 

「肩肘を張る」には「強がって見せる」「高圧的な態度をとる」という意味が含まれ、「片意地を張る」とは似ていますが、明らかに違う意味の言葉であります。

 

「片意地を張る」と「肩肘を張る」の違い

 

おさらいしましょう。

 

自分の意見に固執して頑固になっているのが「片意地を張る」で、気負って緊張し過ぎたり、威張ったりしてしまうのが「肩肘を張る」と覚えてください。